fd4142f1.jpg
じゃじゃ~ん! テーブルのど真ん中に華鳩の「生もと」一升瓶。画像では小さく見えますが、実際はでっかいです。ラベルの「生もと」の文字も存在感ばっちり。



今日は、place花やしきの「日本酒の会」にテルミー沢井嬢と共にきもの姿三人娘で参加してきました。いきなり、テーブルにテルミーが書いた「生もと」の一升瓶がど~んと置かれ、ちょっと感動。



音戸町から華鳩の榎真理子さんがおいでくださると聞きつけ、「こりゃあいかにゃあいけまぁ」と三人して馳せ参じたのでした。



9dbb918a.jpg
ジャパン・ツーリストの櫛さんによる落語に聞き入る参加者一同。テルミーも後ろ姿がきまってます。清水次郎長の人情話だったのですが、臨場感たっぷり。櫛さんの声もよく通って聞き応えあり、LIVEな落語を堪能させてもらいました。



今日は「日本酒の会」とあって、食前酒からデザートまですべて華鳩のお酒でした。貴醸酒がいただけると、かなり楽しみにしていたのですが、期待にたがわず人数の関係で女性だけにふるまわれた「貴醸酒大吟醸」が抜群においしかったです。



通常、お酒を飲まない沢井嬢さえ「おいっしぃ~!」を連発。普通の貴醸酒もおいしいですが、この大吟醸は別格。今まで飲んだ貴醸酒の中でベストワンでした。



そのほか、新酒のにごり、純米酒、生もとを次々にいただき。大満足!



dfe4286e.jpg
ほれ、このとおり。すっかり調子に乗っています。おちょこを離しやしません、この私。



place花やしき・木島さんのお料理も「お月見」をイメージした和食メニューでお酒にぴったり。国際風水研究所の小畑さんの「お米」の話で締めくくられ散会。帰りは真理子さんと一緒に広島駅まで帰ることもでき、話がはずみました。



華鳩「生もと」一升瓶。絶対に買おうと心に誓った夜でした。