上司のいない状態で仕事をし始めて10年以上になります。
気が楽といえば気が楽ですが、危険といえば危険。



自分が間違ったことをしていたり、増長しているとき、注意してくれる人が身近にいないというのは、とても危ういことだと思うのです。



私の場合は、まったくの異業種で会社員である夫がプチ上司みたいな存在ですが、それでもやっぱり、自分で気をつけていないと、ただの勘違いおばさんになりかねません。



だから、仕事やちょっと大きめのプロジェクトを通じて知り合った年長者とご一緒できた時はラッキーだと思っています。特に同業種のかたの場合は、鋭い突っ込みも厳しい忠告もありますが、自分の仕事や姿勢を客観的に見直す機会になるので「あいたた~」と内心叫びつつ、言ってもらうこと、指摘してもらえることをありがたく思うのです。



「言ってもらえるうちが花」年齢を重ねるほど、ずばっと「あんた、それ違うで」と言ってくれる人は少なくなってきます。



個人で仕事をしているからこそ、自分を正す意識を持っていないと明日はないと思うのです。



にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ ワンクリックお願いします!