ハッとするサービスがあります。先日、遭遇したある場面のことをご紹介しましょう。



広島・鹿児島間は、コミューターで1時間で行き来できます。機内にはキャビンアテンダント(CA)の女性が一人いて、新聞やキャンディを配ってくれます。



私の隣に座っている子供に「好きなだけとっていいですよ」とほほえむCAの女性。ここまでは行きも帰りも一緒。



でも、帰りの便のCAの女性は着陸間近になって、小袋にキャンディを詰め、子どもに手渡してくれました。小袋には、手書きでコミューターの便名と「本日のご搭乗ありがとうございます」のメッセージ。



乗客にキャンディを配るまでは同じサービスなんですが、最後に小袋に詰めてメッセージを添えて渡すのは、そのCAのちょっとした工夫。こういうひと手間を惜しまないことが、個人の付加価値を上げることになるように思いました。





ブログランキング・にほんブログ村へ ワンクリックお願いします!