正直言って、同業者には、あまり教えたくない本です。



その本の名は『年収1000万円! 稼ぐ「ライター」の仕事術』。書名に惹かれ、購入したのですが、ライターが生き残っていくために、何を、どうすればいいかがわかり、勉強になりました。



私は「書く」ことが好きで、好きなことを職業にしましたが、「好き」だけでは続けていけないし、収入もアップしないのは他の職業と一緒です。



要は、どういう戦略を持って仕事に取り組むか。どんな仕事をしていても、この一点は同じだと思います。



仕事のとれるライターになる術として、
本書の2章めにある、「見える」ライターになる
第3章の、ライターに“個性”は要らない!
の項目は特に勉強になりました。



4章以降は「年収1000万円到達の仕掛け」が紹介されています。ライターとして、どうステップアップしていくかを考えるうえで参考になりました。



ライターでなくても、仕事で文章を書く比重が多い人や書く関係の仕事をしている人にはヒントが得られる本だと思います。





年収1000万円!稼ぐ「ライター」の仕事術 (DO BOOKS) 年収1000万円!稼ぐ「ライター」の仕事術 (DO BOOKS)
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2008-01


ライターになりたい人の入門書ではなく、ライターになっている人の参考書だと思います。



にほんブログ村 本ブログへ ワンクリックお願いします!