来週はもう、11月。今年も残り2カ月です。
12月が忙しいのはいつものことなんですが、それを見越して予定を立てていくと、結局、その準備やなんやかんやで11月の予定もすでに埋まりつつある昨今。



怒涛の2カ月が、今まさに始まろうとしていて、考えるのもいやになります。
でも、今年は大丈夫。なぜなら、これがあるから。



買っちゃいました「yPad」



7月にiPhoneを買ってから、未だに使いこなせてない私は、iPad買うより、断然こちらの方が性に合ってると改めて思います。



「yPad」は、サイズは「iPad」と同じですが、完全書き込み式。デジタル要素は皆無です。
でも、欲しかったんです、こういうスケジュール帳。
複数の仕事が同時進行していくことが多い場合、こういう手書きツールの方が、結局は一元管理できたりしますから。



私の場合、取材や原稿書きの仕事以外に小冊子とか、社内報の制作も手がけています。
そうすると、企画を立てたり、進行管理したり、という原稿書き以外の仕事が発生します。
イラストレーターにカット頼んだり、
デザイナーにレイアウト指示したり、
先方の原稿整理して編集したり、
初校の確認お願いしたり…



一つの仕事(プロジェクトとも言う)に複数のジョブが発生し、それぞれが進行していくので、進行管理だけでも結構、大変。
スジュール管理ソフトとかもいくつか試しましたが、打ち込む手間がかかるわりには頭の中に定着しない。



むしろ、頭の中で整理する方が早くて、でも、そうすると「忙しい」意識ばかりが増幅し、結構ストレス感じてたんです。



でも、もう大丈夫。



アマゾンのレビューにもすでにありますが、この「yPad」、書きこんでいくだけで頭の中が整理され、気分が楽になるんです。



今はやりの「見える化」が手書きでできる点がいいんでしょうね。「書く」効用は意外と大きい。



これを使い出したら、もう、デジタルには戻れません!





yPad yPad
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2010-10-20


アートディレクター、寄藤文平氏の考案。説明のイラストも楽しいです。




にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ ワンクリックお願いします!