最近、注目を集めている
 大和言葉。

 漢語や外来語が入る前から
 使われていた日本古来の言葉(和語)を
 大和言葉と言います。

 例えば
 「恐縮です」の「恐縮」は漢語ですが
 「恐れ入ります」は大和言葉。

 漢字で表すと、堅苦しく形式ばってみえる言葉
 (よく言えば威厳があるわけですが)
 を、やさしくやわらかくほどいた表現が
 大和言葉と言えるでしょう。

 大和言葉は
 ビジネスメールにも使えます。

 ちょうど
 きもののコーディネートで
 鮮やかな色、華やかな色を
 帯揚げや帯締めに指し色として使うと
 ぱっと映えるように

 文章の中に
 スパイスのように大和言葉を効かせると
 人の気持ちを引き付ける文章になるのです。

 例えば
 お願い事をするときには「お差し支えなければ

 誘いを断らざるをえないときには「よんどころない事情で

 いつも気に留めてくれる相手には「お心にかけていただき

 といった具合に大和言葉を使うと
 言い回しがやわらかくなり
 相手の心にすっと届きます。

 そんな大和言葉の言い回しを集めた本が
 『 一目置かれる大和言葉の言いまわし
 です。

 自分では、
 仕事のやりとりのメールにも
 大和言葉を意識して使ってきた方だと
 思っていたのですが

 本書には、まだまだわたしが知らない
 あるいは、使いこなせていない
 大和言葉がたくさんありました。

 本書は、「大和言葉とは」と厳密に定義するというより
 “後世に残したい美しい日本語”と捉え、
 メールや文書、日常会話に取り入れられる言い回しを
 紹介しています。

 特にメールの文章は、
 同じことを口で言うよりも
 きつく、冷たく感じられることが多いので
 大和言葉に言い換えて使うことをお勧めしたいです。

 本書の監修は、敬語指導や敬語・言葉遣いの著書も多数ある
 山岸弘子さん。大和言葉を身近に感じ、すぐ取り入れられる
 分かりやすい内容なので、ぜひ、お手元に1冊!!




 実は、本書の編集のお手伝いを
 神垣がしております。

 メールの文章や日常会話に「大和言葉の言い回し」を
 取り入れていただけるとうれしいです。