今年の1月に50歳を迎え、
 ず~っと「答え」を探していました。

 20歳のときから憧れていた年齢に
 やっとなれたのに、実際のわたしは
 どうよ?

 向田邦子みたいな女性になりたかったのに
 仕事も私生活も全然かけ離れていて
 ダメじゃん。

 そんな気持ちを抱えたまま、
 はや7カ月。

 この心のもやもやをどう晴らせばよいのやら、と
 俳句を始め、絵を描き始め、
 試行錯誤が続いております。

 そして、やっとここににきて
 「答え」らしきものを見つけました。

 今朝、この本に没頭し過ぎて
 それでなくても遅れているメルマガ配信を
 さらに遅れさせてしまったのです。

 でも、読んでよかった。

 為末 大さんの「限界の正体」。

 50歳になってから、ず~っと見つけられなかった
 答えがこの本にありました。

 おととし、それこそ
 自分の限界を突破するような
 大仕事を経験してから、

 それ以降、仕事に対して
 「ワクワク」する気持ちをすっかり無くしていたわたし。

 「これではいかん!」と思いつつ
 上がらぬモチベーションと格闘しているうちに
 50になり、

 “理想”とはほど遠い自分に
 ますますうんざりし、
 さらにモチベーションの上がらぬ日々を
 過ごしていました。

 もう、ええわ、と
 お得意の開き直り攻撃をかけ始めたとき

 出合ったこの本を読むと
 いちいち腑に落ちることがありました。

 知らず知らずのうちに
 あれほど嫌っていた「型」とか「枠」
 (本書では「檻」と書かれていますが)
 に、はまってしまっていたんだなぁ、
 と今さらながら気づいた次第。

 (これまで、さんざん自由に生きてきて、どの口が言うんじゃ!
  と、うちの夫には激怒されそうですが……)

 大概、柔軟に物事考えてきたつもりだし
 臨機応変に身を処してきたつもりでいましたが
 結局、「つもり」のまま、全然できていなかったことに
 本書を読んで気づきました。

 本書には、こう書かれています。

  自分の感情をワクワクさせるにはどうすればよいか。
  視点を変えて、「why(なぜ)」ではなく
  「how(どのようにして)」で考えてみることです。


 「なぜ?」「なんで?」を連発する前に
 これまでにたまった経験とか知識を1回とっぱらって
 「やってみなはれ」ってことなんでしょうね。

 人生に必要なのは
 挑戦と実験。

 そう思うと、なんだか
 ワクワクしてきたぞ。



 もう1回読み直そうと思える1冊です。


11年前から配信中! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン
【 仕事美人のメール作法 】

オンラインでできるビジネスメールの研修
【 仕事美人のメール研修 】

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

9月に名古屋で「たおやか大和言葉講座」開講します!

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

仕事実績、著書、お問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室