原作は読んでいたのですが、
 映画化されてから、なかなか劇場に行けず、
 年が明けてやっと観に行ったのが
 「この世界の片隅に」です。

 読者の方からも
 おススメメールをいただいていたので
 良い作品であるに違いないことは分かっていたのですが
 期待以上の作品でした。

 なんといっても
 声優を務めたのん(元・能年玲奈ちゃん)がいいっ!

 絵を描くことが好きで、
 どこかとぼけて、ぼんやりした性格の主人公すずの
 キャラクターを実にリアルに声で演じているのです。

 広島弁の独特のイントネーションも
 ほぼネイティブと同じ自然さで再現していて
 そこに彼女の女優魂を感じました。

 基本的に、アニメを劇場で観る
 趣味も習慣もなく
 あれほどヒットした「君の名は。」も
 結局、観に行かずじまいだったのですが、

 そんなアニメ嫌いのわたしでも
 「この世界の片隅に」だけは
 強力におススメしたい!

 表現方法がアニメというだけで
 子どもや若者向けの作品では決してありません。

 戦争を知る世代、知らない世代が共に、
 観て「あの当時」の人々の気持ちと暮らしぶりを
 自分のものとして共感し、共有できる
 作品だと思います。


 映画の冒頭に登場する
 広島の草津地域は
 うちの子どもたちがお世話になった保育園があり、
 地元の神社へは毎年、家族で初詣に訪れます。

 牡蠣の産地で知られる広島ですが、
 かつては海苔業が盛んだったことも
 この作品が伝えてくれています。

 すずが嫁ぐ呉についても
 地名の由来や当時の街の活況を
 知ることができます。

 広島や呉の人には
 より身近に、だからこそ
 胸に迫る作品ではないでしょうか。

 ぜひ、劇場に足を運んで
 多くの方に観ていただきたいです。

 ▼上映している全国の劇場情報はこちら
 
 原作のコミックについては過去に
 メルマガでも取り上げ、ブログにアップしています。
 
 こんなニュースも。

 ▼キネマ旬報ベスト・テン 1位は「この世界の片隅に」



2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中!
【 仕事美人のメール作法 】

「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で
【仕事美人のメール作法】が2位に入賞しました!


オンラインでできるビジネスメールの研修【 仕事美人のメール研修 】

2017年1月18日まで、Kindle版が半額キャンペーン実施中!

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

カミガキのフェイスブック

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室