ライター・カミガキ 臨機応変日記

好きな言葉は「臨機応変」。 変幻自在、しなやかに強く、信じるままにわが道を行くライター・カミガキの日々の奮闘・思い・気づきを綴ります。

2004年11月

雑誌「がんぼ」の取材で安芸津の今田酒造本店へ。

「富久長」の銘柄で知られ、女性杜氏のいる蔵としても知られています。マスコミに登場することも多い杜氏の今田美穂さんに実際にお会いするまでは、連絡入れるのも緊張して、きっと取材慣れされているから粗相のないようにしよう…っと内心びびっていました。ところが、お会いした生・美穂さんは穏やかできわめてナチュラル。ジーンズにゴム長姿で蔵内をきびきび走り回っておられ、私の緊張も一気に氷解しました。

同行のカメラマン、フルーティ・A氏は、美穂さんが東京から富久長に戻られた当初にお会いしたことがあるそうで、聞けば歳も同年齢ということで一気に打ち解けモード。パターン化しがちな酒蔵の撮影も、氏が以前美穂さんに案内してもらったという古い建物のことを覚えていて、急遽ナイススポットを撮影させていただくことができ、ラッキーでした(詳細は「がんぼ」6号をお楽しみに! いい写真が撮れてます)。

蔵ではちょうど新酒の搾りが行われている最中。その様子を撮影したフルーティ氏、「酒の香りに包まれて撮影できて恍惚とした」としあわせそうに語っていました。

蔵を見学させていただき、まず印象的だったのが、蔵内いずこも清潔できれいなこと。古い蔵には違いないのですが、天井や柱、壁、隅々まで定期的に清掃されていることが明らかで、すっきりして見た目も気持ちいい蔵だな~と思いました。

取材するまでは、東京帰りのバリバリキャリアウーマンがそつなくビジネスされている、というイメージを勝手に抱いていました。でも、実際は、小さな蔵ならではの工夫や発想を大切に、できることを精いっぱいやっておられる様子が見てとれ、ていねいな酒造りの様子を目にし、一層好感を持ちました。やはり、酒づくりも行きつくところは「人」なのかもしれません。

富久長さんに興味を持ったきかっけの一つに、サイトの酒コラムがあります。ささびと屋さんなる人物がお酒の飲み方、楽しみ方のあれこれを軽妙に綴っているコラムです。独特の語り口で、結構長いのですがおもしろい。

押しつけや自慢の薀蓄ではない、もっと自然で日常的なお酒との付き合い方、楽しみ方を教えてくれる内容で、まさに軽妙洒脱。でも、一字一句になにか妙に力があるのです。美穂さんからこのコラムの秘話(?)を聞いて驚くと共に、合点が行きました(詳しくは、「がんぼ」発刊後にこのブログでご紹介しますね)。そして、私も何かお手伝いできないものかと、今、このコラムのEブック化を考えているところです。

原稿あげたら絶対、富久長のお酒を注文しようと思っています。わがやの新年迎え酒は、富久長新酒に決定! 今からお正月が楽しみです。

先日の大佐町に続き、またも県境取材へ。朝8時スタートで東城町へ。カメラマン氏のプリウスはこの日も快走です。

東城といえば、帝釈峡が有名。ちょうど紅葉の時期で山々が赤く染まっていました。訪れたのは帝釈峡山荘。ここは、はっきりいって穴場です! 古い民家を修繕し、食事、宿泊ができるようにしつらえ、戸外ではにじますの釣堀があります。撮影用ににじますつりに挑戦したのですが、おもろいっ! しまいには撮影そっちのけでカメラマン氏まで「ちょっとやらせて!」と始める始末。糸をたらしたらすぐに釣れる“入れ食い”状態で楽しいのです。家族やグループで来ると盛り上がること間違いなし!

山荘内には、ご主人の奥様の手による染色作品と季節の生け花。どちらもさりげないのにすばらしく、山荘の主ご夫妻の心づかいが感じられます。本当に昔の民家そのままのつくりで、宿泊するのにもちょうどいい座敷なども。水がきれいで、山荘のほとりにある小川はわさびが自生し、山荘の庭には天然のクレソンが。野生のサルが集団で庭にやって来ることもあるそうです。そしてなんといっても、ご主人がいい顔されてて和やか。取材にもかかわらず、われわれに心づくしの対応をしてくださり本当にありがたかったです。冬場はほとんど閉鎖状態らしいのですが春から秋にかけては恰好の遊び場だと思います。持ち込み・泊まりでここで忘年会というのも楽しそうです。

お次は、鳥取県・日野町へ。ここへ行くまで気づかなかったのですが、日野町はあの金持酒にゆかりの金持(かもち)神社がある所! 道路の標識を見て気がつきました。帰りにぜひとも参詣したかったのですが、時間がおして実現ならず。でも、東城から1時間半ほどで行けるので、今度絶対行ってみようと思います。

ちなみに、広島市内でも金持神社にお参りできます。金持酒を唯一取り扱っている用品名酒センターのビル屋上にある金持稲荷は日野の金持神社の分社とか。2年連続で私はここへで初詣していますが、ご利益ありますよ。うふ。

日野町は蕎麦で町おこしに取り組み活性化を成功させた町。町議さん自ら蕎麦打ち修行を行い、お店で蕎麦打ちをされているのには驚きました。お店で蕎麦をサーブするのも役場の方。半端じゃありません。取材中も、遠方からわざわざお客さんがあり、知る人ぞ知る蕎麦の里だと認識。蕎麦粉で作った蕎麦焼酎とか、わさびのようにからい辛み大根を地元で育成したりと、本当に町ぐるみで「たたら蕎麦」の普及に取り組んでいて、ちょと感動的でした。

日の落ちるのが早く、取材を終えた16時過ぎでもすでに夕暮れ状態。中国道を広島に向かって走っていると、カメラマン氏、私とも家から子供の「今どこコール」が交互にかかってきておかしかったです。




これから、二人で粋に着こなす!【阿吽Tシャツ】の販売状況を報告していきたいと思います。「売る側」に立った時の自分なりの工夫や反省点を随時レポートしていきますね。

11月12日現在で、3名の方にお買い上げいただき、2名の方にお取り置きしています。先日のSOHO博の楽まうくさんのブースで目にしてくださった方や兼ねてからお知らせしていた方が買ってくださいました。この場を借りて、改めて感謝! ありがとうございます。

実際、Tシャツを制作してみて「つくるより買うほうがずっとラク!」とあらためて実感しています。作り手にまわると、ついつい自分の都合に走ってしまい、お客さんが望むことを見落としてしまう、ということが今回よくわかりました。

私の場合の反省点は、まず、サイズを決定する時に、Lサイズをつくり忘れてしまったこと。
「ペアで着る」コンセプトなのに、男性向けに作った【阿Tシャツ】にLがないのはいけませんでした。「Lがあったら買うのに~」という声をいただき、慌ててページにも「Mでも180センチ内外の方ならOK」と説明文をいれましたが、体格のいい方にはやはりLサイズが必須ですよね。女性でもざっくりラフに着たいと、Lサイズを求める方がいたので、サイズ設定のツメが甘かったです。残念!

もう一つは、色。
色の選定はさんざん悩んだ挙句、「サファリ」という薄めのカーキ色1色にしたのですが、「男女ペア」コンセプトからすると男女別に色を変えればよかったかな、と。実際、「ワインカラーとかあったらよかったのに」という声をいただきました。当初は色違いのペアTにするつもりだったのですが、「色違いというのもかえってペアペアしてよくないかも…」と深読みしすぎてしまいました。やはり、直感というのは大事ですね。考えすぎるとロクなことないです。

上記2点は、いずれも決定間際になって、迷った挙句に「ええ~い、ままよ」と半ばやけになって決めてしまいまった結果。結局、こんなもんでいいだろうとか、管理しやすいだろうという「こちらの都合」が入っているから、売る段階にきてお客さんから生の声を聞いて初めて「あちゃ~」と気づいたわけです。

制作に入る前段階で4つデザイン案を作り、人に聞いてまわりデザインを最終決定したまではよかったのですが、色やサイズについては自分で決めてしまったので、もっと「人の声を聞く」べきだったな~と感じています。

でも、デザインは好評で、「カッコイイ」「おもしろい」と言ってもらっています。実際、リサーチした時も4案の中でダントツに人気が高かったデザインを採用したので、この点については大満足です(エキちゃん、ありがとう!)。

昨日、結婚するいとこへのお祝いとしてMの【阿Tシャツ】とSの【吽Tシャツ】を贈ったのですが、喜んでもらえてうれしかったです。「カップルでさり気なく着れるペアTシャツ」というのが一番のねらいだったので、贈った私自身がいちばん満足してるかも(自己満足だけど)。

売り方としては、やっぱり実際にサンプルを見てもらうのがもっとも説得力があるように思います。サイトとは色見が違うので説明できるし、一緒に持ち歩いている ちょろにゃん 「超かゆい」 Tシャツ と合わせて見てもらい迷ってもらうのは売り手としては楽しい作業です。半ば冗談で始めた「行商」ですが、公私共に出かけるときは常に持ち歩いて話のタネに見てもらうようにしています。

男性用に【阿Tシャツ】、女性用に【吽Tシャツ】と設定していますが、買われる方はあまりこだわってないみたい。うれしい誤算ですが、それだけにサイズ設定の不備が悔やまれます。

でも! 転んでもタダでは起きないカミガキとしては、今回制作した20枚が完売したら、バージョンアップした第2弾を制作する予定でいます(1回で終わるつもりじゃなかったのか!?)。リクエスト・ご要望のある方は、ぜひ、1枚買っていただき、ほしいサイズや色など、どんどんリクエストして第2バージョンを予約してくださいね。
と、宣言しておきましょう。

★売れてます! 二人で粋に着こなす!【阿吽Tシャツ】
【阿Tシャツ】
Mサイズ   1枚 ※在庫僅少
Sサイズ   1枚 ※在庫僅少

【吽Tシャツ】
Sサイズ   3枚
XSサイズ  1枚 ※在庫僅少

楽まうくさんの「オリジナルTシャツの販売コーナー」にペアで1セット置いていますので、チェックしてくださいね(在庫でもう1セット預けています)。もちろん、カミガキに声をかけていただければ、広島市内・近郊の方へは見本をお持ちしま~す! 
★お問い合わせは こちら

こちらが【吽】      こちらが【阿】una

本物の狛犬、載せてみました(順番逆になってますが…)。撮影したのは大佐町のとある神社境内です。

ライター・カミガキならぬ行商・カミガキとして、目下、【阿吽Tシャツ】行商中! 私との打ち合わせおよびランチあるいはお茶にはもれなく【阿吽Tシャツ】を持参して、その場でデモ中。色、サイズ、デザインを肉眼で確かめたい方は、この機会にぜひ!

合わせて、ごきげんはうすさんメイドの ちょろにゃん 「超かゆい」 Tシャツも一緒に行商中! 「犬よりネコが好き!」という方も必見です。

「これから冬なのに半袖~?」とお嘆きのあなた。いいえ、冬だからこそ! です。皮ジャンの下に半袖T、粋でいいじゃあないですか! (やせ我慢こそがおしゃれの第一歩。なんつって) 実際、アメリカあたりでは冬場でもこういうスタイル、ガンガン見かけます。

あるいは、長袖Tシャツと重ね着してもいいですよね。私は、好きでよくしてます。
このTシャツ重ね着スタイルについては、私の心の師匠・みやじまのり氏が彼のブログで語ってますので、要チェック! ですよ。
★みやじま のり♂IAN-BAKANの日記
 「秋色Tシャツ重ね着主義推進派。」

まだまだ好評販売中!【阿吽Tシャツ
ユニークTシャツよりどりみどり! こちらもご覧くださいね。




今年、7月25日・8月8日の両日に広島で開講された「広島Tシャツ起業塾」。不肖・ライター・カミガキも受講生の一人として参加したわけですが、参加記念のカミガキ・オリジナルTシャツが完成いたしました! その名も

二人で粋に着こなす!【阿吽Tシャツ】

すでに、東京・下北沢のインディーズTシャツ専門ショップ「No More Tears」の全国通販サイトにも商品をアップしていただいております。【阿吽Tシャツ】詳細はこちら

企画はわたしが立案しておりますが、デザインは公私共にお世話になっているデザイナーのエキ・ケイ嬢。モチーフの狛犬をうまく2枚に展開してくれています(この場を借りて、エキちゃんに感謝! いつもありがとうね)。敢えてバックプリントとし、カップルで着ても「いかにもペアな感じ」を徹底排除したさり気ないペア・Tシャツに仕上げております。

お口をあけて問いかける【阿】の狛犬が男性用(S・Mサイズ)
お口を閉じてうなづく【吽】の狛犬が女性用(XS・Sサイズ)
です。男性用のLサイズがないのですが、Mサイズでも身長170㎝~180弱程度の方は十分着こなせます(ちなみにMサイズの身丈70㎝前後、身幅52㎝前後)。これから寒くなるので、シャツのインナーに着ていただくにはジャストフィットなサイズですよ。カラーは「サファリ」という薄めのモスグリーンみたいな色です。

★種類
【阿】 S・Mサイズ
【吽】 XS・Sサイズ

★サイズの目安
(身長)            
XS  150cm~160cm程度
S    160cm~170cm程度
M 170cm~180cm弱程度


(身丈)         
XS  60cm前後
S    66cm前後
M 70cm前後

(身幅)
XS  43cm前後
S    43cm前後
M 52cm前後


ぜひとも大切な人と“おそろ”で着てほしいな、という想いをこめて制作しました。男女ペアはもちろん、親子や兄弟姉妹、師弟、パートナーとご一緒にいかがでしょうか。

11月1日~2日に開催された「ひろしまSOHO博'04」でブース出展された有限会社 楽まうくさん のブースで展示していただきました(この場を借りて、お世話になりまくっている森本さんに大感謝!)。楽まうくさんでは、来春に向けて、広島Tシャツ起業塾の塾生の作品を中心に、オリジナルTシャツの販売イベントを企画中との情報も! 広島発の熱いTシャツたちにお目にかかれそうですよ。

最後になりましたが、Tシャツ制作にあたり、ご尽力いただいた 有限会社 オリジナルTシャツの西村氏はじめ、スタッフのオオバナツコさん、河下さん、ありがとうございました。

さて!
この【阿吽Tシャツ】、わたくし、カミガキと「おそろで着てやろう!」という奇特なあなたは、メールで直接ご注文ください! 広島市内および近郊でしたら、カミガキが直接宅配させていただきますっ(代引きOKよん)。

年内、Tシャツのほかにもカミガキ・プロデュースの粋でいなせなグッズの販売を企画しております。どうぞお楽しみに!

↑このページのトップヘ