ライター・カミガキ 臨機応変日記

好きな言葉は「臨機応変」。 変幻自在、しなやかに強く、信じるままにわが道を行くライター・カミガキの日々の奮闘・思い・気づきを綴ります。

2005年10月

9cbff648.jpg
昨日、大和のロケセット会場のみやげもの店で見つけ、懐かしくて思わず買ってしまったのが「おのみち水道」というお菓子。

シュー皮の中に粒あんと求肥のようなおもちが入ったお菓子です。これ、尾道みやげとして同じタイプのお菓子をもう1社別のところが作っているはず。でも、私はこの金萬堂本舗のほうが好き。

尾道にいるときは、自分で買って食べることはなかったですが、こうして久しぶりに見つけると食べたくなるもので…。今日の三時のおやつにいただきました。

尾道みやげはこの「おのみち水道」と福利のちりめんが私の定番です!

f67e7629.jpg
今日は朝から夫の会社のバスハイクに家族で参加。映画「男たちの大和」のロケセットのある尾道市向島町から瀬戸田へ渡り、みかん狩りをして帰ってきました。画像は、大和のロケセット会場から見た尾道の町。

尾道は私の第二のふるさと。学生時代の二年と卒業後の一年、“愛と青春の日々”を過した地です。画像では見えにくいですが、山の上の千光寺にはよく上がってはおみくじ引いてました。対岸からも、港や駅の周辺が随分変わったのが分かります。私がよくふらふらと散歩していた海岸通りのひなびた風景はもう消え去ってしまった模様。

今日のバスハイク、てっきり尾道市街も巡るものだと思っていたのですが、予定をよく見ると全くルート外でがっかり。

瀬戸田でタコ三昧の昼食をおなかいっぱい食べ、みかん狩りへ。生まれて初めてみかん狩りというものを体験しました。もぐ時、ヘタの部分を「二度切り」するってご存知ですか? 私は知らんかった。

それにしてもバス旅行っていいです! 朝からビール飲めるから。この日のために、夕べから節制しておいて良かった…。それと、みかんの収穫より「広島弁」の収穫がかなりありました。おじさんの話す広島弁って身近すぎて、結構聞き流してるのよね。

bdbfcf93.jpg
e3775a8c.jpg
画像は大和のロケセット上とロケセット会場となった日立造船の向島西工場のドック跡。



cid_a0001やっと見つけました、書店で。

渡瀬謙さんの「絶対成功する営業術―知らずに差をつける! 」(パンドラ新書)!

ネットですぐ買うという手もあったのですが、やっぱり知ってる人の本って、私は書店で買いたい派。よって発売後、少し経ってしまいましたが、やっと入手と相成りました。渡瀬さん、おめでとう!

メールマガジン「フリーランスのための『営業のカンセツワザ』」ファンとしては、本当に嬉しい書籍化です。本になったらいいな~というメルマガ、あまりないですが、この本に関しては個人的に待ち望んでました。

デザイナー、ライター、フォトグラファー、Webデザイナーなど、フリーランスで仕事している人達って、私を含め、営業の苦手な人、多いはず。そんな人に絶対役立つ一冊です!

cid_a0001事務所から徒歩圏内に天満宮という神社があります。散歩がてら訪れ、おみくじを引いたら「小吉」でした。

この天満宮、地元の小さな神社ですが、なぜか筆塚があり、学問の神様のようです。社殿はがらんとして人気もないのですが、天井近くに小学生や中学生の書が貼ってありました。合格祈願の絵馬もずらり。そのせいかどうか、神社の近所には老舗の文具店なども。

事務所から広島西郵便局経由で天満宮へ向かい、おみくじひいて天満川沿いをてくてく。簡保ヘルスセンターの前を通って戻る、というのが最近の散歩コースになっています。近所に神社があるのは嬉しいですね。実は私、自称「参詣好きの女」です。

3fad2c47.jpg
4000677b.jpg


7d3c3471.jpg
昼食を食べに出た帰り、ふと空を見上げると…。

ぽわんと浮かんだ飛行船を発見! 携帯カメラではこんなちっちゃくしか写ってませんが、肉眼で見るとそれなりの迫力でした。なにかのPR だと思うんですが、よう見えんかった。クルマのキャンペーンか何かだと思います。

今日14時半ごろ、広島市内上空で見かけた方いませんか?

所変わって、広島市まちづくり市民交流プラザ。

昨日から始まっている「太陽社’05展」に行ってきました。創始者の竹澤丹一氏の七回忌だとか。氏の追悼コーナーが設けられ、氏の門下生である今回の出品者が各自、師匠ゆかりのお気に入りの作品を持ち寄っての展示が素敵でした。同じ作家なのにすごく幅広いスタイルをお持ちで、感動的でしたね。

6a80c819.jpg
0a13f0eb.jpg
そしてこれ! ヤマモトテルミ嬢の小三の時の作品です。なんとものびのびした字で、“天真爛漫”そのもの! ますますヤマモトさんって人が好きになりました。

その人となりに惚れるって言うのは日常的にあるわけですが、私はその人の書いたもの、書であったり、小説であったり、手紙であったり…に惹かれます。メールももちろんそうで、共通の無機質なフォーマットだからこそ、その人となりが文章に透けて見えます。

ヤマモトさんの小三の書、そして近年の作品を見て、私が思っていた以上に案外、こざっぱりと中性的な人なのかもしれません。彼女。

■太陽社’05展 
10月30日(日)まで
広島市まちづくり市民交流プラザ ギャラリー

b2e151be.jpg
よくできてます、コレ! プリントじゃありません、編んであるんです、ちゃんと。

広島バスセンター街で販売中だとか。ヨン様ソックス200円也。

今日から30日(日)までグループ展に出品中の書家・ヤマモトテルミ嬢が「ネタに!」と買ってきてくれたもの。

イ・ビョンホン・バージョンもあるらしいです(私はそっちのほうがいい!!)。

履いて写そうとしたら、ヨン様の顔が変形したのでやめておきました。熱狂的なヨン様ファンの叔母が二人います。さて、どちらに譲るべきか…。それにしても「Yonsama」ってローマ字で入ってるのは、なんだかなぁ。

950d51a2.jpg
今日は3時のブレイクタイムにコーヒーを淹れてみました。

ただのコーヒーじゃありません。イの葉の「ブラジル」マカウバデチーマ農園のストレートコーヒー。旨いんだな、これが。

あべさんの「あせほこ」で紹介されていた一文を見て、早速、「一煎用ドリップパック」プレゼントに応募したところ、今朝、届いていたのです。

しばらく珈琲から遠ざかっていた私ですが、イの葉のコーヒー飲んで気が変わりました。なんてマイルド! お砂糖なしでも苦くなく、まろやかなんです。

小さな仕事場であふれるコーヒーのアロマに包まれて一服するしあわせ。こういうときこそ「事務所持ってよかった~」としみじみ。たった一杯のコーヒーでこんな良い気分になれるなんてね。

一人用のドリップパック、なかなかいいです。一人で仕事してる人や、一人暮らしの人。手軽に豊かなコーヒーが味わえて、おすすめですよ。

スペシャルティコーヒー自家焙煎の店【Garden Cafe イの葉】

↑このページのトップヘ