ライター・カミガキ 臨機応変日記

好きな言葉は「臨機応変」。 変幻自在、しなやかに強く、信じるままにわが道を行くライター・カミガキの日々の奮闘・思い・気づきを綴ります。

2007年03月

早くから予定していたにもかかわらず、仕事が詰まってしまい、また今年も参加できませんでした。ひろしまきもの遊びの恒例イベント「みやじま雛めぐり」。今回はいとこも誘い、行く気満々だったのに、結局、断念。



イベントのほうは、今年も30名あまりの参加でにぎわったようです。
「みやじま雛めぐり」のレポートはこちら



初参加だったいとこも、行くまではかなりどきどきしていたようですが、初対面の人からも気軽に声をかけてもらい、すぐにうちとけられた様子。「たくさんの人とおしゃべりできて、楽しかったよ♪」とメールで報告がありました。
86b37a4b.jpg

いとこが送ってくれた当日の写真がこちらです。
ひろしまきもの遊びスタッフの沢井嬢、西D、いりこさんたちとばっちり記念撮影をご一緒してもらった模様。



来年こそは、ちゃんと参加したい私です。



泣けます。確実に。



その小説とは
武内牧子 著『テムズのあぶく』



先週末に一気読みし、山本周五郎作品 三冊分は泣きました。



ロンドンを舞台に、お互い離婚暦のある
50歳の男性駐在員と
46歳の女性舞台演出家の
恋物語。



多分にメロドラマな展開ではありますが
ためらったり、怖気づいたり、
でも、惹かれ合う男女の心の動きが
丁寧に描かれ、ぐっとくるほどリアルです。



男の台詞がいちいち良いのは
女性作家が書いた作品だからでしょうか。



「成熟」という言葉の意味を改めて思った一冊。
男性はどう読むのか、感想が聞きたいです。





テムズのあぶく テムズのあぶく
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2007-02

広島限定情報ですが…



 ******************************************************



    4月開講! すぐ役立つ、実践できる!!



   【 業 績 ア ッ プ ビ ジ ネ ス 講 座 】 



 *******************************************************



 広島の営業コンサルティング会社・楽まうく社主催の
 業績アップビジネス講座の2コマを神垣が担当します。



 ●「知らないと恥をかくビジネスメール作法」
    このようなかたにおすすめです!
     ・メールや文章を書くのが苦手、時間がかかる方
     ・メールで失敗したり、誤解された経験がある方
     ・自分のメールに自信がない方



   4月18日(水)より月1回のワークショップ





 ●「お金をかけずに企業をPRするマスコミ活用術」



   このような企業様におすすめです!

    ・広告に使える予算がない
    ・自社や製品、サービスをアピールする方法が分からない
    ・プレスリリースの書き方、リリースの方法が知りたい



   4月25日(水)・6月6日(水)の全2回





いずれも10~15名の少人数でひざ突き合わせての勉強会です。



4月から「業績を上げたい」「スキルアップしたい」とお考えの



あなた、ぜひ、ご参加を!!



 ★お申込はこちらから



Img3e48eeb7zikdzj_1




大連は中国・遼寧省の南部に位置する都市。
広島から大連って、実は意外と近いのです。



飛行機で広島→大連間は約1時間! (逆に、大連→広島は3時間かかりますが…)



大連でビジネスを始める企業も多く、広島の企業ではふりかけで知られる三島食品が1990年(平成2年) に大連三島食品有限公司を設立しています。広島の技術翻訳会社トランスワード社もそのひとつです。



 「なぜ、大連なのか?」
 「大連の日本人って?」
 「大連でビジネスを始めるなら…」
などなど、リアルな大連情報をキャッチできるブログが開設されました。



 --------------------------
   ★【大連翻訳ビジネス日記】 


  --------------------------



中国・大連でのビジネスや留学に関心のあるかた
ぜひ、ご一読を!





※追記  広島と大連では約1時間の時差があるそう。ですから、実際に飛行機に乗っている時間は空港のタイムスケジュールよりも長いことになりますよね。失礼しました。




内祝いとかお返しにいただくことの多いタオル。
でも、ちょっとした工夫でありきたりな贈り物が心に残る贈り物に変わるんです。



私も子どもの誕生日会でつくってみたところ子ども達は大喜び! 何より、不器用でがさつな私にもつくれたことがうれしかったです。



そんなタオルで創る楽しい“魔法”を紹介した本が「たおるマジック」です。
このたび、著者の占部千代子さんが広島市内の公民館で「たおるマジック」教室を開催します。ちょっとしたコツや楽しみ方を教わるチャンスです!



●参加費 無料   
●材料費 500円



下記の公民館で開催します。



             (午前)10時~12時     (午後)2時~4時
3月15日(木)     市民交流プラザ        宇品公民館
   16日(金)      船越公民館                  牛田公民館
    22日(木)      井口公民館                  藤の木公民館
    23日(金)      安公民館                     高陽公民館



各教室とも定員15名前後とのこと。お申し込み順の受け付けですので、お早めに!
●申し込み先:
 FAX:082-581-3702
 メールアドレス:towel@ms12.megaegg.ne.jp


県民文化センター第2・3展示室にて、「第四回 広島県水墨作家協会展」を開催しています。今日、仕事の打ち合わせの後、寄ってみました。



広島県水墨作家協会展は隔年に開催とかで、今年は4回目。展示作品は水墨画だけではなく墨象作品もあり、モノトーンの具象、抽象の多彩な世界を見ることができます。



私の今回のお目当ては、夏目暢子先生とテルミーこと山本てるみさん、両作家の墨象作品! 夏目先生はたおやかな「命」という作品、山本さんはダイナミックかつドラマチックな「ON」という作品がそれぞれ展示されています。



11日(日)までですので、ぜひ、足を運んでみてください。墨象がどんなものなのか、水墨画と対比もでき、興味深いと思います。10日(土)は受付にテルミーがいるはずです。



第4回広島県水墨作家協会展
県民文化センター第2・3展示室(広島市中区大手町一丁目)
入場無料
3月7日(水)~11日(日) 午前9時~午後6時


昨日は、友人Yとアーバンタワー2階のマンジャペッシェで至福のランチ。その後、オリエンタルホテル広島ギャラリーで開催中の「深澤直人 ±0」を観に行きました。



深澤直人の作品を初めて知ったのは、取材先の女性建築家のアトリエでした。テーブルに置かれたドーナツのような形をした加湿器。ふっくらとおいしそうな形に思わず見とれてしまったのです。ドーナツの中心部分(実際には穴はあいてないのですが…)から蒸気が出る仕組みで、加湿器としてだけでなくアロマを入れて香りを楽しむこともできるとか。



「ほしいなぁ」と思いつつ、一年あまり。偶然、雑誌の広告で広島で深澤直人展があると知り、足を運んだというわけです。



以前はワシントンホテルだった場所が今はオリエンタルホテル広島に変わっていて、今回初めて訪れたのですが、すごくシックで洒落た雰囲気のホテルに様変わりしていてびっくり! 待ち合わせに使いたいロビーとは、まさにこのような場所。ソファも照明も壁にかかった絵もアーティスティックで、美術や音楽の厚い本が書棚にびっしりと並び、さながら外国の本屋か図書館の一室という趣なのです。



ギャラリーも小さいながら1階と2階があり、深澤作品を堪能できました。展示と同時に販売もしています。お目当ての加湿器のほか、小型テレビとか電話、バッグやマット、傘たてなど、いずれも遊び心があり、シンプルでスタイリッシュ!



a3def8db.jpg

底が子供が学校で履くシューズの形をした(というかそのもの)布製の手提げバックに心奪われましたが、結局、コーヒーソーサーにもなる白くて分厚いペーパーバックのようなノートを購入。表紙の真ん中が丸くくぼんんでいて、カップがのせられるようになったノートなのです。取材用にちょうどよさそうな大きさだったので即ゲット!



08379984.jpg

これはノートを入れてもらった手提げ袋なんですが、とにかくおしゃれでうれしくなりました。
ぜひ、足を運んでみてください。





■深澤直人 ±0
オリエンタルデザインギャラリー
3月21日(祝)まで
11:00~20:00(最終日は18:00まで)
無休/入場無料
オリエンタルホテル広島


↑このページのトップヘ