ライター・カミガキ 臨機応変日記

好きな言葉は「臨機応変」。 変幻自在、しなやかに強く、信じるままにわが道を行くライター・カミガキの日々の奮闘・思い・気づきを綴ります。

2007年12月



中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日―一極主義 vs 多極主義 中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日―一極主義 vs 多極主義
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2007-09-22


脳が刺激された一冊! 表には見えにくいロシアの動きを知るうえで、とても勉強になりました。
読後、夫にも勧めたら、一気読みしていました。でも、男性だけでなく女性にもぜひ、おすすめしたいです。



著者の北野幸伯氏はメールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」も配信。正直言って、本書のメルマガ&ブログ調の語り口に最初はなじめなかったのですが、内容の面白さにぐいぐい引き込まれ、読み進むうちに気にならなくなってしまいました。



BRICsの中でも中国ほどロシアは重視されてないような気がしますが、本書を読むとロシアの動きを軽視できないことが具体的に分かります(本書を読んでからというもの、新聞を読んでいても、ついロシアの記事に目が行くようになりました)。



私はこの本を、愛読しているメルマガ「熱い!中国自動車業界」で紹介されていたのがきっかけで興味を持ち、即買い。とても興味深く読めました。中国でビジネスをしているかたにもご一読をおすすめしたいです。





にほんブログ村 本ブログへ ワンクリックお願いします!


ずっと和のテーマにこだわってきたのですが
今回だけは・・・



カレンダー部分に英文を入れたり、表紙の制作者名を英文字にしています。



今回で3回目の制作になる筆文字によるオリジナルカレンダー



これまで、ずっと漢字と日本語にこだわってきたんですが…
毎回、筆文字を担当している書家、ヤマモトテルミが2008年2月、ニューヨークで共同の作品展を開催します。それに合わせ「外国人の目も意識したカレンダーにしよう!」と今回、英文を組み合わせ、デザインも白地に墨の黒が映えるシンプルなデザインに。



もともと、彼女の作品の中に日本語と英語の詩を組み合わせたシリーズがあり、そこにヒントを得て、2008筆文字カレンダーでは英文字の名言とそれからイメージした漢字ひと文字で構成しています。



ニューヨークの作品展でどんな評価・結果を得るかは想像できませんが、海外で最初の一歩を踏み出す彼女を何らかの形で応援したいと思い制作した次第です。



作品展は2008年2月15・16・17日 開催。
詳細はこちら


 

にほんブログ村 地域生活ブログ 広島情報へ ワンクリックお願いします!


d5cad2c2.gif

営業マンの“心・技”を支える実践的な専門雑誌「ザッツ営業」。
07年 冬季号の
特別記事 “得意客づくり”はココに学ぼう で紹介されている
(4)ヤマサキ
(5)こだわり岡田のインテリア工房
の記事を担当しました。



ヤマサキは海藻 ヘアエッセンス「ラサーナ」ブランドでおなじみの企業。最近、地元のマスメディアでも西風新都の新工場などが取り上げられています。



こだわり岡田のインテリア工房は横浜でインテリア工事を行う(有)岡田室内装飾が運営するサイトです。



得意客・ファンづくりに定評のある企業として上記の二社が誌面で紹介されています。個人の営業術にも一脈通じるヒントがあるかも・・・!?



ザッツ営業」は日本実業出版社発行の季刊誌。定期購読にてお読みいただけます!






にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ ワンクリックお願いします!




70d8ccee.jpg
思わず「かわいい~!」と手にとってしまったフラットシューズ。



今年の肌のお手入れ納めに訪れた、ごひいきエステサロン「ヴィアクール」で発見! 試しに履かせてもらったら、これがまた履きやすいんですねぇ。サイズも0.5センチ刻みで22~25センチまであります。



ちょっとバレエシューズっぽくて、かかたもペッタンコ。だから、ジーンズに合わせると、足元スッキリでキマルと思います。



写真左のタイプがラメ素材のシルバー。ちょうちょ結びの細いリボンがポイント。色・素材違いでエナメルタイプのブラウンもあります。



写真右はブラックのスエード素材でリボンが取り外しできるタイプ。ほかにネイビー、ブラウンの全3色展開です。こちらは少しかかとがあります。



3e09b378.jpg

クラシカルなデザインがこちら。牛皮製で写真のカラーはエンジですが、グリーンもあります。少しヒールがあり、足先が3Eの幅広タイプなので、履き心地もらくらく。



中敷部分がクッション素材になっているのもうれしい! 取材で歩き回るようなときに足が疲れず、パンツスーツに合いそうだなと思いました。



この3種のシューズ、実は知る人ぞ知る“あの方”がデザインしているのです! 詳しくお知りになりたい方は、広島の隠れ家 素肌美専門エステサロン「ヴィアクール」へ。





にほんブログ村 地域生活ブログ 広島情報へ ワンクリックお願いします!


04894670.jpg
カレンダーの発送で立ち寄った宅急便の営業所で、ツリーに飾られたクロネコ発見!



マスコットのぬいぐるみがちゃっかりオーナメントになっていて、思わず笑っちゃいました。クロネコの隣にシロネコもいるぞ!



筆文字カレンダー2008【言の葉】はクロネコヤマトのメール便にて発送しています。毎年、この時期になると、オリジナル封筒に入れたカレンダーを営業所に持参するのが恒例。今年は少々遅れてしまいましたが、また、この季節がやってきました。



筆文字カレンダー2008【言の葉】 好評発売中です!





にほんブログ村 地域生活ブログ 広島情報へ ワンクリックお願いします!


11804f08.jpg
日帰りで松山まで行ってきました。



仕事の守備範囲が中国・四国地方なので四国へも取材で出かけるのですが、これまで行ったことのある高松、徳島へは鉄道で瀬戸大橋を渡って訪問。



松山へは高速船で1時間ほどでアクセスできるため久々に広島港から出発しました。写真は広島港発のスーパージェット(広島港発 片道6300円 往復割引で11970円 現金のみカード使用不可)



高速船で移動というのも広島に住んでいればこそ。
山里育ちの私は瀬戸内海の島々や波を見ているだけで飽きません。



海面もずっと見ていると変化があり波が立っているところと、水面がまっ平らなところがあるんです。



9c149a05.jpg

帰りは松山港を15時に発ったのですが、夕暮れ前の太陽が瀬戸内海の上に浮かび美しかったです(写真はちょっと斜めになってますが…)。



「瀬戸の花嫁」はこの瀬戸内の情景をうまく詞にしているなぁと改めて思いました。



帰りはダッシュで高速船に飛び乗ったため、お土産にチェックしていた地元産の栗焼酎をゲットしそびれたのが心残りです。



中国・四国地方の取材はわたくしにお任せください。山越え、海越え、どこへでも行きますよ~!




にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ ワンクリックお願いします!


42a07862.jpg
じゃじゃ~ん! ホールのバウムクーヘンです。



13、14日と取材で東京に行っていたのですが、取材先の方が帰りに持たせてくださったのがこのバウムクーヘン!



日本橋三越新館の地下2階にあるクラブハリエ B-studio Tokyoの焼きたてバウムクーヘンです。
なんとフロアにガラス張りのバウムクーヘン工房があり、焼いている様子を眺められるんですねぇ。夕方前でしたが、店頭には焼きたてバウムを求める人たちの列が…。



96259857.jpg

切ってみました! む~っ、この層の厚さがたまりません!!



しっとりふんわりした食感。ボリュームもたっぷり。コーヒーにも合う合う!!



最近では広島でも洋菓子店でも工房を構えバウムクーヘンを販売しているショップが出てきました(うちの近所だとカフェ・ド・ジーベン草津店)。
ユーハイムのクーヘンもおなじみですよね。



お菓子作りの工程を見るのは楽しいものですが、お菓子も「見せる」時代になっているのかも!? 甘い香りに包まれていると、行列嫌いの私でも並ぶのが苦にならない・・・かも!?
おいしいお土産を「くださったG社東京支店の皆様に大感謝です!






ブログランキング・にほんブログ村へ ワンクリックお願いします!


↑このページのトップヘ