ライター・カミガキ 臨機応変日記

好きな言葉は「臨機応変」。 変幻自在、しなやかに強く、信じるままにわが道を行くライター・カミガキの日々の奮闘・思い・気づきを綴ります。

2008年04月

分析魔を自称する私ですが、この本を読んで、そんなの寝言に等しいと感じました。



仕事に役立つインテリジェンス
この本を読むまでは、恥ずかしながら“インテリジェンス”の意味さえ、取り違えていました。



書名の通り、一般の人向けに仕事に役立つ分析のポイント、分析の仕方が解説されているのですが、「バイアス」とか「ヒューリスティック」とか、いたるところに専門用語が出てきて、新書でありながら、さらっとは読めませんでした。



でも、自分の仕事や行動形態に置き換えて考えると、合点のいくことも多く、客観的に状況を見極めるためには、どのような視点が必要か、とても勉強になりました。



インテリジェンスはたんなる知識ではなく、利益を実現する知識
と本書にはあります。



つまり、インテリジェンスって、得するための知識、有形無形のメリットを得るための知識なんです。



そう考えれば、仕事や日常生活に生かすために何が必要かが見えてきます。
時間があるときに腰をすえてご一読をおすすめしたい一冊。







仕事に役立つインテリジェンス (PHP新書 511) 仕事に役立つインテリジェンス (PHP新書 511)
価格:¥ 756(税込)
発売日:2008-03-15


本書にある、競合仮説分析のケーススタディ。私はさっぱりお手上げでしたが、好きな人はハマると思う。

にほんブログ村 本ブログへワンクリックお願いします!


新幹線をご利用の方には、超おすすめです!
というか、すでにお持ちのかたも多いと思いますが…



JR西日本の「J-WESTカード」。
これ、とっても便利です。



私は、取材の移動は新幹線がメインなので、座席がネット予約できる青い「エクスプレス」カードにしています。
自由席料金で指定席に乗れるし、席も自分で指定でき、変更もOK。
みどりの窓口に並ぶ手間が省けただけでも行列嫌いの私には大助かりのカードなんです。



JR西日本のICカード「SMART ICOCA」も併用していますが、こちらは広島市内のJRの移動だけでなく、広島市内のバス路線でも(PASPY代わりに)使えるので重宝しています。



新幹線を頻繁に利用するかたには、J-WESTカード、思いっきりおすすめします!



JR西日本「J-WESTカード」


                  



にほんブログ村 地域生活ブログへワンクリックお願いします!


「知らずに恥をかく」というのは、未だにあります。
だから・・・



こういう本を読んで、これまでの自分のやり方は間違っていないか、もう一度チェックしてみることも大切です。入社したばかりの新入社員のかたにもぜひ、お勧めしたい一冊が
秘書が教える! ビジネスマナー』 です。



ビジネスマナーの基本の「き」が分かるだけでなく、
 「なぜ、そうするのか」
 「そんなときは、こうする」
 「こうすれば、もっとよくなる」
というプラスアルファのヒントも学べます。



例えば、30代と60代の来客者二人にお茶を出す場合。
どちらが上客かの判断は、見た目の年齢ではなく、何で判断するか──。



そんな実務経験を経た現役秘書ならではのノウハウも。
本文もさることながら、「秘書からひと言」のワンポイントアドバイスが勉強になりました。
新人のあなたの心強い味方になること請け合いの一冊!



秘書が教える!ビジネスマナー (DO BOOKS)
価格:¥ 1,260(税込)
発売日:2008-04


著者の花野さんのWebサイトはこちら



にほんブログ村 本ブログへワンクリックお願いします!


「ジャグワー」。

娘時代、五木寛之先生の小説にその単語を見つけたとき、「なんじゃそりゃ?」と思った。乗ったこたぁなかったが、Jaguarという車種くらいは小娘の私だって知っていた。でも、なんでフツーに「ジャガー」と呼んじゃいけないの?

最近、読んだ週刊誌のコラムには「ジャギュア」とあり、ひっくり返った。自動車ライターの渡辺敏史氏のコラムにその言葉を見つけたとき、それが車名であることすらしばらくは気づかなかった(氏によると、イギリス人がジャガーと言う時の発音をカタカナ化したのがジャギュアなんだそうな)。

シロウトからすると「なんでわざわざそんな奇妙な言い方するんかな~」と思うのだが、どうやら車好きの男性には、車の呼び方にもこだわりがあるらしい。

つい最近も、知り合いの男性からのメールに「メルツェデス」とあり、一瞬打ち間違いかと思った。「メルセデス」じゃなくて「メルツェデス」。確かにその方がドイツ車っぽい。でも、口に出して「メルツェデス」とは、私、きっと言えない。うまく発音できないし、なんだか照れる。フツーに「ベンツ」って言っちゃダメ?

帰国子女で、今も海外でばりばりビジネスしている女友達はLexusを「レキサス」と言う。これも、最初聞いたときは何のことだか分からなかったが、英語ぺらぺらの彼女が言うととってもかっこよくキマるのだ。

Mustangは昔「ムスタング」、今「マスタング」。知り合いのおじさんに「マスタングがねぇ…」と言ったら、「そりゃムスタング言うんじゃ」と注意されたことがある。時代変われば、呼び名も変わる?

いずれにせよ、車の呼び名にこだわる人は、よりネイティブっぽく発音することを目指すようだ。
「ジャグワー」にしろ「メルツェデス」にしろ、それだけ外国語や立体的な発音が日本人の間にも浸透したということだろう。

だって、昔のおじさんたちは「ボディ」は「ボデー」、「ディーゼル」は「ジーゼル」と、とっても平板な発音で言い放っていたものだ(「ポルシェ」を「ポルセ」って言ってたおじさんを私は知っている)。
そもそも「ディ」とか「シェ」とか「ジェ」のつく日本語なんてなかったのだから。

でも、BMWは私が子どものころは「ベームベー」とか「ベンベ」って言っていたけど、今、そんな呼び方してる人いないよなぁ…(ちゃんとドイツ語風に言ってるのに)。なぜ?

Chureca「愛すべきエンスーたち」08.04.17 掲載分より






 


にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へワンクリックお願いします!


お金持ちになる男の9割が「○○好き」なんだそうです。



その○○とは・・・



「料理」。



お金持ちになる男、なれない男の習慣 』の著者、臼井由妃さんによると、推定年収2000万円以上の社長100人に、料理に関するアンケートをとった結果では、
料理好きと答えた社長が9割
料理をするとビジネス能力がアップすると答えた人が7割
もいたとか。



確かに、私の周りでも料理好き、料理のできる男性は仕事ができる人が多いですね。不思議と。



料理って、段取りとひらめきと応用力なので、下手な情報商材買うより、料理の腕を上げるほうがずっと役に立つと思います。



この本、タイトルどおり、お金持ちになる男、なれない男の“習慣”の違いを知りたくて読み始めましたが、女性の目線で成功する男性のポイントを観察している点がおもしろかったです。



料理のほかに大事なのは
勉強を継続できるか、
ということもポイントですかね。
40代、50代になっても読書量が減ってない人って会話してても幅がありますもん。
でも、ただ読むだけじゃダメってことが本書にjは書いてあります。





お金持ちになる男、なれない男の習慣 (Dream skill club) お金持ちになる男、なれない男の習慣 (Dream skill club)
価格:¥ 1,365(税込)
発売日:2008-03-12


あ、料理上手な男性は今の時代、確実にモテますよ~!




にほんブログ村 本ブログへワンクリックお願いします!


二つの大波がノートパソコンを支えます。

216305f2.jpg

波の形をしたノートパソコン用スタンド

その名も『ネットサーフィン



なんのひねりもないネーミングですが、モノは抜群にいいです。



私は、この会社の『これはいるか』を自宅で使っていますが、肩、首がこらず、とっても楽チン♪ 一度使い出すと、もう、手放せません。
ノートパソコンの画面が目の位置にくるので、姿勢に負担がかからず、床に座って長時間作業していても疲れないのです。



新発売の『ネットサーフィン』は、16~17インチのノートパソコンもがっちり支えてくれますよ。



お求めはこちら
なぜか、介護用品も販売している会社です。






にほんブログ村 地域生活ブログへワンクリックお願いします!


昨日の夜は、お花見に行ってきました。



40代の男女4人で、こじゃれたレストランで食事の後、近場のお花見スポットへ。



d23ada47.jpg

おとなしく桜を鑑賞すればいいものを、一眼レフ持参の友人の言われるがまま、意味もなく、わけもなくポーズをとっては激写大会。



女友達Yはしっとり和服でキメているのに、私はIKKO風のおかっぱ頭に防寒用に持参したダウンジャケットのボタンを上までびっちりし、足にはブーツ、頭にはなぜかハンチング帽。



傍から見れば・・・男二人、女一人、オカマ一人の危なげなグループに見えたに違いありません。



そのうえ、私ときたら、ワインがまわって、例のごとく眠気に襲われ……
このような状態に。
af6f8a75.jpg

「寝てもいいから」と言われるほど、そうはいかんと頑張る私。
つらかった~。


↑このページのトップヘ