ライター・カミガキ 臨機応変日記

好きな言葉は「臨機応変」。 変幻自在、しなやかに強く、信じるままにわが道を行くライター・カミガキの日々の奮闘・思い・気づきを綴ります。

2010年11月

広島には、花の寺が8カ所あります。
同様に岡山県、山口県にも…。



仏の菩提心「八葉の蓮華」に例えられることにならい、広島・岡山・山口の3県に8つの札所が設けられ、「山陽花の寺 二十四か寺」として巡礼できるのだとか。



3県24か寺の札所をめぐる花巡礼、最初の地は宮島の大聖院。知る人ぞ知る、厳島神社の裏手にある寺院です。今の季節は、色づくもみじとセンリョウが楽しめます。



花巡礼の2番から9番は山口県、10番から17番を岡山県、18番から24番が広島県の寺院となっています。



1番の霊場である宮島・大聖院が花や草木を鑑賞しながら寺院を巡礼し、心を癒してもらおうと宗派を超えた3県24カ寺に呼びかけ、できたのが「山陽花の寺霊場会」。同会の監修で刊行された花の寺ガイドブックが「山陽花の寺二十四か寺」です。



広島県東広島市にある福寿院のユリ、
山口県岩国市にある二井寺のツツジ、
岡山県美作市にある大聖寺のアジサイなど、境内やその周辺を四季折々に彩る花や草木が写真入りで紹介されています。



スピリチュアルブームで寺院を訪れる人も増えていますが、季節の花を愛でに山陽路の花霊場を巡るのもいいかもしれません。



花巡礼の最初の地、宮島の大聖院では、12月12日(日曜日)まで、本書に掲載された花の寺の写真展を開催中です。宮島へもみじ狩りにお出かけの際はぜひ、こちらへもお運びください。



 ★「花寺巡礼」写真展
  場所  宮島・大聖院(観音堂)
  期間  12月12日(日曜日)まで
  時間  8時~17時(大聖院の拝観時間に準ずる)





山陽花の寺二十四か寺 山陽花の寺二十四か寺
価格:¥ 1,500(税込)
発売日:2010-10


山陽花の寺霊場会についてはこちら





にほんブログ村 本ブログへ ワンクリックお願いします!               


広島限定情報ですが…



今日からです!
 ---------------------------------------------------------
 ☆☆☆ ヲキテル会 墨 三人展 ☆☆☆
        ~ 彌山のふもとで ~
 ---------------------------------------------------------



書家のヤマモトテルミさんはじめ、ユニーク三人衆の“墨”を使った作品展が始まります。
27日(土)の夕方にはパーティーもあるそうですよ♪



 ☆開 催:11月25日(木)~30日(火)
      10:00~17:00 (本日のみ13:00~)
 ☆場 所:ぎゃらりぃ宮郷 
      (廿日市市宮島町町家通り)
       ※地図がトップページの一番下にあります。



★朗報!★
毎年、ご好評いただいていたヤマモトさんのカレンダーですが、神垣の企画バージョンは2010年で終了となりました。



でも、テルミファンのかた、ご安心を!



ヤマモトテルミ・オリジナルカレンダーが、このたびの「三人展」会場で販売される模様。
詳しくはこちら
1枚ものの素敵なカレンダーですよ♪ 



こりゃあ、宮島まで行くしかないでしょ。30日(火)までです。





にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ ワンクリックお願いします!




新・整理術 日経ビジネス Associe (アソシエ) 2010年 12/7号 新・整理術 日経ビジネス Associe (アソシエ) 2010年 12/7号
価格:¥ 590(税込)
発売日:2010-11-16


「日経ビジネスアソシエ」2010年12月7日号から、連載「即効! スキルアップ講座」がスタート!



 ・ボスマネジメント
 ・iPad仕事術
 ・メール作法
の3つのテーマをそれぞれ6回連載でお届けします。



神垣は「メール作法」のパートを担当。
第1回連載のタイトルは「社内向けと社外向けを明確に区別」です。



ビジネスメールの基本屋ポイントをご紹介していきます。興味のあるかた、ぜひ、ご一読ください!



特集:新・整理術 
「日経ビジネス Associe (アソシエ) 2010年 12/7号」



 



にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ ワンクリックお願いします!


内田樹さんと三砂ちづるさんの対談集
「身体知 ―カラダをちゃんと使うと幸せがやってくる」



この本を読んで、一番に思ったのが
「考える」より「感じる」ことが大切なのかな……と。



仕事柄というのもありますが、私は「考える」ことが好きです。
でも、あれこれ考えていると、いつのまにか頭でっかちになっていることも多くあります。
考えてばかりいると、「感じる」能力が置き去りにされるというか…。



頭では理解できているのに、体が反応しないとか、体がついていかないってことがあると、そこでやっと「感じる」力の低下を思い知るのです。身をもって…。



話がそれますが……
本書を読んで“邪悪なもの”への対処の仕方が分かりました。



内田樹さんの「邪悪なものの鎮め方」を読んだときは、ピンとこなかったのですが、対談形式ということもあって本書の方が、分かりやすくて腑に落ちます。



あ~、深くかかわらず、かわせばいいのだと。



あなたの周りにもいませんか? 邪悪なものを持った迷惑な人。
「感じる力」が鈍っていると、邪悪なものを持った人に取り入られてしまうんだと思います。



だから、考えてばかりいずに、もっと本来自分が持っている「感じる力」に目覚めないと。



では、「感じる力」を呼び覚ますにはどうしたらよいか…
その方法やヒントが本書にあります。



ビジネス書ばかり読んで、分かった気になっていた自分を大いに反省した一冊。
頭ばかりでなく、もっと体、使わなくっちゃね。





身体知―カラダをちゃんと使うと幸せがやってくる (講談社プラスアルファ文庫) 身体知―カラダをちゃんと使うと幸せがやってくる (講談社プラスアルファ文庫)
価格:¥ 680(税込)
発売日:2010-10-21


父子家庭で育児経験のある内田さん(ラマーズ法での出産に立ち会ってる!)の言葉には説得力があります!





にほんブログ村 本ブログへ ワンクリックお願いします!


広島限定情報ですが…



来週の木曜日、11月25日から始まります!
 ---------------------------------------------------------------
 ヲキテル会 墨 三人展 ~ 彌山のふもとで ~
 ---------------------------------------------------------------



宮島の彌山(みせん)のふもとにある町屋づくりのギャラリーで、書家のヤマモトテルミさんはじめ、ユニーク三人衆の“墨”を使った作品展。27日(土)の夕方にはパーティーもあるそうですよ♪



 ☆開 催:11月25日(木)~30日(火)
      10:00~17:00 (初日のみ13:00~)
 ☆場 所:ぎゃらりぃ宮郷 
      (廿日市市宮島町町家通り)
       ※地図がトップページの一番下にあります。




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 ワンクリックお願いします!


学習塾だけど、通わずに家で学習する・・・



高校生のお子さんをお持ちの方、
現在、海外在住の高校生の方、
中学3年生のお子さんをお持ちの方
に特にお勧めしたい情報です。



 ------------------------------------------------------------
 ☆ 高校数学の点数を確実に上げてくれる ☆
   オンライン学習塾【 家 ゼ ミ 】
 ------------------------------------------------------------



サイバー学習塾「家ゼミ」は、自宅のパソコンでお勉強。



無料通話のスカイプで、疑問点はその場で質問できます。
画面の中は、教科書レベル、センター試験レベルの数学のライブ授業。
                                                            例えば、数学Ⅰ+Aは、55分×12コマで月8,000円とリーズナブル。



なかには、高一の中間テストの数学1点が高三の中間では71点にアップし 、公立大学への推薦をget した生徒さんも…。



数学は「繰返し科目」、親は文化系、は無関係、入試に数学センスは不要。
「練習量で逆転できることを知らない人が多すぎます」
「家ゼミ」の代表者は言います。



まずはお問い合わせを!



※フリーコール:0120-984-109(クワシイ ジュク)
 (応答時間 10:00~22:00)
  スカイプ名:c0120984109



無料デモも受付中!
家ゼミから電話をおかけして、ご説明とデモ授業をします。



 ●家で勉強しよう!【家ゼミ】



ブログランキング・にほんブログ村へ ワンクリックお願いします!


ダンボールで寝たことはありませんが、発泡スチロールの上で寝たことはあります。



20年前、まだ駆け出しのコピーライターだった頃、勤めていたデザイン制作会社の仕事が忙しく事務所に泊まり込むとき、ボスから
 「冬場、寝るときに暖をとるなら発泡スチロールの上に限る」
と教わった記憶が…(ハレパネという薄い発泡スチロールの板を仕事でよく使ってたんです)。



二番目の勤め先の編集プロダクションでは、冬は深夜になると事務所の暖房が切れるため足に新聞紙を巻いて徹夜した記憶も…。



若かったあの頃。
なんかサバイバルに仕事してました。



でも、発泡スチロールより、ダンボールの方が断然、暖かいらしいです。
ということをこの本で知りました。
「ゼロから始める都市型狩猟採集生活」



久々に、「読んで良かった~!」と思える本でした。



「所持金なし、宿もなし、仲間も家族もなし。きみは、そんな状態で東京のド真ん中に突っ立っている」



このゼロ状態から、何ができるか…。



それを実際に、達人に聞き、学び、体験し、都会でゼロから暮らす知恵と工夫を具体的に説いているのが本書です。



60円でワンカップが買える自動販売機のありか。
毎日食べきれないほどの<都市の幸>を採集するには。
「東京は今、ゴールドラッシュだよ」という意味は?



この答えが、すべて本書の中にあります。



私が一番感動したのは「ザ・ベスト・ダンボールハウス」の話。



ダンボールで作った家の中って、真冬に毛布なしでも汗をかくくらい暖かいんですって。
発泡スチロールの上で寝たことのある身としては、それ、分かる気がする…。



本書を読んで、今すぐ路上生活を始めようとか、それを勧める気など、ありません。



でも、本書を読むと、今の自分の生活が一見、豊かなように見えて、ずいぶん窮屈で不自由だということに気づくんです。
なんだか、とっても人間らしくないなぁ、と。



本書には、東京という大都会で、別の価値観で“豊かに”暮らす人々の生活ぶりが紹介されています。



先日、浅草から水上バスで隅田川を下った数日後に本書を読んだので



「あ、あの水上から見た草むらや林のあたりに鈴木さんの家があったのかなぁ」



と、台風が去った後の隅田川の光景を改めて思い出したのでした。



どんなビジネス書より、考えさせられ、自分の思考をリフレッシュしてくれる一冊。
もの、家、暮らしに対する考え方が変わります。



今、お疲れ気味の全ての人に読んでみてほしいなぁ。





ゼロから始める都市型狩猟採集生活 ゼロから始める都市型狩猟採集生活
価格:¥ 1,260(税込)
発売日:2010-08-04


本書を読むと、もののみごとに,
視界がパ~ッと開けた感じがしますから。







にほんブログ村 本ブログへ ワンクリックお願いします!


↑このページのトップヘ