ライター・カミガキ 臨機応変日記

好きな言葉は「臨機応変」。 変幻自在、しなやかに強く、信じるままにわが道を行くライター・カミガキの日々の奮闘・思い・気づきを綴ります。

2011年01月

「たくましい人だなぁ」と思います。その人の名は・・・
荘司雅彦さん。最近、関心を持っている、好きな書き手の一人です。



荘司さんのプロフィールには「平均的弁護士の約10倍の案件を処理する傍ら、各種行政委員会等も歴任」とあります。「デキる人」というのは、まさに彼のような人を指すのでしょう(しかも、ダンディ!)。



以前、荘司さんの著書「論理と心理で攻める 人を動かす交渉術」を紹介したことがありますが、今回は「最短で成果★超仕事術」をご紹介します。



昨年末に「週休3日」を宣言した私にとって、本書のタイトルのように「最短で」仕事の効率を上げるのは最重要項目。そんなこともあり、今年初購入した本が本書でした。読んだあと、さっそく実行できることがたくさんありました。例えば・・・



●自分の「機会費用」を意識する
余った時間を無為に使うことを支出と考え、その時間を資格の勉強などに有効に使って、潜在的な収入を得る



●オフにはオフの仕事をしてしまう
例えば「勉強」と「育児」。この二つは将来への大きな投資である



●スケジュールはアナログツールで管理する
すぐに目を移せば予定を一覧できる状態にしておくと、ミスを減らし、先々の予定も立てやすい。個人的には「Y-pad」がかなり活躍してくれてます。



●早く着手すればするほど能率がアップ
取り組む前のウォーミングアップをやめ、いきなり始めて「作業興奮」をうまく活用する



●短時間で記憶を高めるには、高速で何度も読み書きする
楽をして記憶するなら、目で見て、耳で聞き、口で音読することを一定周期で繰り返す



ほかにも、
「すべての仕事に期限を付ける」
「三日坊主を防ぐのための四つの方法」
「ネット時代こそ新聞・雑誌で差を付ける」
など、実践的なメソッドがいっぱいです。



本書を通じて、華麗な経歴の持ち主の荘司さんって実は、とっても「たくましい人」だと感じました。不利な状況を自分の知恵と努力で乗り越えてきた、結構、地道というか、泥臭い面のある人ではないかと感じます。



自分を変えたい、今の状況を改善したいと強く思っている方にはおすすめの一冊です。

                                             





最短で成果★超仕事術 (中経の文庫) 最短で成果★超仕事術 (中経の文庫)
価格:¥ 600(税込)
発売日:2010-11-27


本書にあった、中学受験勉強中の娘さんに荘司さんが行ったという漢字勉強法は、早速わが家でも取り入れます!



にほんブログ村 本ブログへ ワンクリックお願いします!


「ダウンシフター」という言葉を日本語(漢字)に書きかえると・・・



「減速生活者」。



今回、ご紹介する本は、このダウンシフタ─について書かれた本です。
タイトルは「減速して生きる ─ダウンシフターズ」



本書を読んで、真っ先に思い浮かんだ言葉が
「足るを知る」「身の丈に合った生活」
でした。



「ダウン」とか「減速」とかいう言葉には、マイナスのイメージを抱きがち。
でも、今の世の中、スピードも効率も「アップ」し過ぎていたり、情報が「過多」「過剰」だったりしないでしょうか?



すでに、日本社会自体が「右肩上がり」の成長期を過ぎ停滞・沈滞している今、イケイケドンドンで加速してきたわが身を振り返り、ここらでちょっとスピードを落として自分の生き方を見直してみることも必要なのかもしれません。



本書を読んで、「ダウン」より「シフト」という言葉の方に私は気持ちが動きました。



今までの価値の軸を、別のところにシフトすることは、少なくとも今の私に必要なのかも…と。



家庭より仕事
人より自分
時間よりお金



に今まで重心を置いてきましたが、果たしてそれでいいのか?



負けたくない気持ち
上を目指す思考
先を急ぎたい性格
というのは、これからも変わりそうにありませんが、本書を読んで、自分の中に、別の軸に「シフトする」という 考えや発想が加わったのは確か。



本の帯に「ヒマで儲からないのに6年間黒字!」とあり、「これよね! 目指すところは」と思ってしまったのも事実。



「豊かに暮らす」ための方法論の一つを本書で見つけた気がします。





減速して生きる―ダウンシフターズ 減速して生きる―ダウンシフターズ
価格:¥ 1,365(税込)
発売日:2010-10

※関連記事・元エリ─ト会社員の「自分探し」が終わった理由



実はこの本、私は新聞の紹介記事で知り、興味がわいたので、すぐアマゾンで購入したのですが、読んで夫に勧めたら、彼も同じ本をすでに持ってました。



趣味も性格も全然違うのに、こういう一致がたまにあるとうれしいものです。



にほんブログ村 本ブログへ ワンクリックお願いします!


またもや広島限定情報ですが…



「鏝絵」と書いて「こてえ」。



蔵に施された左官仕事で、建て主に対するお礼の気持ちを込めて左官さんが仕事の最後に手がけるものだとか。



昔ながらの立派な蔵には現存するものもありますが、取り壊しなどで姿を消すものも少なくありません。



そんな「鏝絵」に魅せられた男が一人。



私の大好きな先輩、木原実行氏が撮りためた60点もの鏝絵の写真がご覧になれます。



 ■□■□■「鏝絵楽会 発表会」■□■□■



 と き:2011年1月15日(土)~1月23日(日)
     平 日:12時~18時
     土日祝:10時30分~18時



 ところ:クリックファームギャラリー
     (広島市中区白島中町2-10)






にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ ワンクリックお願いします!


広島限定情報ですが…



冬の夜、オペラを楽しんでみませんか?



気軽に鑑賞できる小規模なオペラコンサートがアステールプラザで開催されます。

 

◆オペラ・ミニコンサート vol.9『 ショパン 』
  と き:2011年1月21日(金) 18時45分 開演
  ところ:アステールプラザ 大ホール



  ショパン生誕200年記念公演。



  オペラ「ショパン」日本初演!

 

◆オペラ・ミニコンサート vol.10『 子どもと呪文 』
  と き:2011年2月4日(金) 19時 開演
  ところ:アステールプラザ 多目的スタジオ



  人生の教訓になるようなストーリーと



  ラヴェルの洗練された音楽で描かれた作品

 

 ★両コンサートとも入場無料です。
  【しごび】読者の山持真美さんが出演されます。



  ぜひ、ご鑑賞を!





にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ ワンクリックお願いします!


今年最初にご紹介する本としてどうなのか迷いましたが、やっぱりこの本にします。



大石 静 著「セカンドバージン」



言わずと知れた、昨年後に密かに(?)ブレイクしたNHKドラマの小説版です。



結局、ドラマを続けて見ることができなかったので、小説を読んで補おうと購入した一冊。
ですから、ドラマを全部見たというかたにはおすすめしません。ドラマの印象が強すぎて、読むのを邪魔するような気がするからです。



「ふたりっ子」の脚本家で知られる大石さんのエッセイが昔から好きで、ずっと読んできたのですが、小説はこれが初めて。



わたし、顰蹙はお金を出してでも買う主義なんです
私の欲しいもの…それはね……死のような快楽
また出直して参ります。私の仕事は断られた所がスタートですので



大石さんのドラマの小説版だけあり、印象深いセリフがちりばめられています。



雑誌「婦人公論」1月22日号のエッセイに、大石さんはこのドラマについて



絶望の山に分け入る勇気と気概のある者だけが、希望の石を切り出せるのだということを、
ヒロインの生きかたに託したつもりだ



と述べています。



このドラマを、17歳年下の男性と中年キャリアウーマンの不倫ドラマと片付けてしまうのは簡単。



でも、大石さんは
人が人を愛することはやむなきことで、倫に反する恋なぞ、この世に存在しないと、私は思っている
とエッセイで述べていて、私も同感するところです。



このドラマも小説も「やむなき」感情に折り合いをつけようと、もがき苦しむ大人の女の姿が描かれていて、そこが心に残りました。



すぐに答えの出る人との関わりや人生なんて、つまらない。



感情に理性で折り合い付けながら、それでも止められない思いがあるのだとしたら、それはその人にとっての財産だと私は思います。





セカンドバージン (幻冬舎文庫) セカンドバージン (幻冬舎文庫)
価格:¥ 560(税込)
発売日:2010-11


深田恭子ちゃん演じた万里江の生き方も興味深い。馬鹿なふりして実は…という女性、リアルにいます!






にほんブログ村 本ブログへ ワンクリックお願いします!


ビジネスシーンで役立つメール文例アプリ「ビジネスメール文例辞典」がApp Storeにて配信中です!



書籍「さらりと返せる、大人のメール表現334」のアプリ版です。



iPhone / iPadもしくはPCよりApp Storeにアクセスし、ダウンロードを!



今なら発売記念として通常価格900円を 600円て購入できますよ♪



 ※参考記事





さらりと返せる、大人のメール表現334 さらりと返せる、大人のメール表現334
価格:¥ 1,300(税込)
発売日:2010-02-24



にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ ワンクリックお願いします!


「日経ビジネスアソシエ」2011年1月18日/2月1日号
「即効! スキルアップ講座」の連載、4回目です。



今回のメール作法のテーマは・・・
「目上の人への言葉遣いをチェックする」
です。ぜひ、ご一読ください!







日経ビジネス Associe (アソシエ) 2011年 2/1号 [雑誌] 日経ビジネス Associe (アソシエ) 2011年 2/1号 [雑誌]
価格:¥ 630(税込)
発売日:2011-01-06




にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ ワンクリックお願いします!


↑このページのトップヘ