ライター・カミガキ 臨機応変日記

好きな言葉は「臨機応変」。 変幻自在、しなやかに強く、信じるままにわが道を行くライター・カミガキの日々の奮闘・思い・気づきを綴ります。

2011年07月

久々にパンチの利いた本を読みました。
読んで、たちまちノックアウトされた一冊、それは、「憂鬱でなければ、仕事じゃない」



幻冬舎社長の見城徹氏とサイバーエージェント社長の藤田晋氏の共著です。というか、35の見城語録に、藤田さんが解説を添えた本といったところでしょうか。



私は、見城さんのように突出した人が好きです。後ろ指さされるほど、異端、極端。でも、ご本人は、それをものともしない。



草食系男子がはびこる今、絶滅危惧種になりつつある、どぎつい男。



人一倍繊細だから、人の何倍も大胆なことをしでかす。こういう“触れ幅”の大きい人って魅力的です。



本書の第一章 人としての基本 の中に
 「自己顕示と自己嫌悪は『双子の兄弟』」
という頁があります。



自己顕示と自己嫌悪、この二極を持ち、その間を常に揺れ動く心の葛藤を抱える人は魅力的である、と。なかなかお目にかかれませんが、こういう人、確かにいます。客観性を持ち、自分におぼれず、常に自らを試している人。願わくば、私もそんな人になりたいと憧れます。



本書には、このほか
 「苦境こそ覚悟を決める一番のチャンス」
 「行く気がないのに、今度、飯でもと誘うな」
 「顰蹙は金を出してでも買え」
など、刺激的な見城語録が満載です。



そんな35の言葉の中で、私が完全にノックアウトされたのがこれ
「他者への想像力をはぐくむには、恋愛しかない」。



人を動かすことが、あらゆる仕事の原点。そのために必要なものが、他者への想像力。では、その想像力をはぐくむのは何かと言えば、恋愛である、と言い切る見城氏。



その心は?



答えは、本書154ページにあります。「中庸に」「ほどほどに」なんて生ぬるい言葉、本書には出てきません。まさに劇薬。



ここ一番の勝負の時に、わずかな毒をきかせる…そんなしたたかで、勇気ある仕事人になるための処方箋が、この一冊です。





憂鬱でなければ、仕事じゃない 憂鬱でなければ、仕事じゃない
価格:¥ 1,365(税込)
発売日:2011-06-14


「何が大切で、何が無駄か?」見極める目を養えます。





にほんブログ村 本ブログへ ワンクリックお願いします!


企業の人事、労務の実務に役立つツールと情報満載のWebマガジン 「ジンジュール」で連載中!



  -------------------------------------------------------------
         【ビジネスパーソン メール術】(7)
  -------------------------------------------------------------
     丁寧過ぎても言葉足らずでもNG! 上司への言葉遣いを要チェック
  -------------------------------------------------------------



 コピー&ペーストしてすぐに使えるメール文例集はこちら



 

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ ワンクリックお願いします!


この本、子どもにだけ読ませるのはもったいないかも・・・



今回、ご紹介するのは藤原和博さんの「キミが勉強する理由」
好きなんですよねぇ、この人。
うちの夫が…。ですから、うちには藤原本が何冊もあります。



かつて、東京都内で義務教育初の民間人出身校長となったのが、この藤原さんです。その経験を生かしてか、本書は、一貫して子ども目線で書かれています。文字も大きいし、ふりがなもつけてあり大人だったら、読むのに30分もかからないでしょう。



でも、大人が読んでもドキリとしたり、感じ入るものがあります。



少なくとも、最後の方にある「テレビ」と「ケータイ」との上手な付き合い方が書かれたページは、子どもをしかる前に大人が読んで、実行しなくてはならないことかも。



「勉強がいやだ、嫌いだ」という子どもにも、ちょっと勉強し過ぎている子どもにも、読んでほしい一冊。子どもから「なんで勉強しなくちゃ、いけないの?」と聞かれた時、この本を読むと読まないとでは、回答が全く変わってくると思います。





藤原先生の心に響く授業 キミが勉強する理由 藤原先生の心に響く授業 キミが勉強する理由
価格:¥ 1,155(税込)
発売日:2008-10-21


メインタイトルの前に「藤原先生の心に響く授業」とあるのですが、これはいらない気がする。





にほんブログ村 本ブログへ ワンクリックお願いします!


中国への投資、中国・大連でのビジネス展開のご相談は…



     ----------------------------------------------------
      アジアのビジネス交流に貢献
     ----------------------------------------------------
      一般社団法人・東亜商務情報協会            
     ----------------------------------------------------



 「中国はこのまま経済発展を続けるのでしょうか?」
 「中国人って、一言で言ってどんな国民ですか?」
 「中国語は話せませんが、それでも中国でのビジネスは可能ですか?」



中国をはじめとするアジア各国でのビジネスを思い立ったとき、まずは同協会にお問い合わせください。誠意を持ってお答えします。



 ★詳しくはこちら



ブログランキング・にほんブログ村へ ワンクリックお願いします!


遠野まごころネット
物資救援、ニーズ調査、ボランティア派遣など、岩手県を中心に東日本大震災の復興支援活動を行っている団体。ツイッターでの情報発信も。



東日本大震災のボランティア募集情報・募金情報・支援情報
上記の情報をリアルタイムにまとめたWebサイト。



節電特集(BIGLOBE) 
電力不足が心配されるこの夏は、節電に努めみんなで協力して、乗り切りましょう。個人で実践できる節電アイディアや、暑さ対策をチェック! 



Google「Go 節電プロジェクト」
一日の節電行動をチェックできる取り組み。あなたも今日から参加しませんか?  



あなたにエールを(アリエール)
避難所にいる家庭から洗濯物を預かり、ランドリーセンターで洗濯・乾燥して返却するというお洗濯支援活動。ぜひ「いいね!」をクリックしてください。


6年前に創刊して現在に至る、無料メールマガジン【仕事美人のメール作法】とは別に、有料メールマガジンを創刊することにしました。



メールマナーの話とは全く関係のない“オトコ”の話です。



読者は、女性限定としています。もちろん、男性読者も大歓迎なのですが、読後、涙ぐんだり、うちのめされることを覚悟のうえで臨んでください。なんたって、女が見た、オトコの諸相について徒然なるままに書いていくので、容赦はしません。



女性の皆さん。
カミガキが出会った「なんだかな~」という残念オトコの話ばかりでなく、胸のすくような、いいオトコの話も書いていきますので、どうぞお楽しみに!



女性も好きだけど、やっぱり男性が好きです(中身おっさんでも、やっぱり女ですから)。



仕事を通じて出会ってきた多くの男性方は、厳しい中にもやさしさがあり、泣かされ、困らせられたことも多々あれど、いざとなれば力になり、遠くで見守ってくれた愛すべき人たちばかり。



でも、時に
「それはどうなん?」
「もうちと、どうかしょうや~(訳:もう少しどうにかならないかなぁ)」
と悲しい思いに駆られる方々にも接近遭遇してきました…。



45歳、男性を見る目にかけては経験豊富な(?)わたくし、カミガキが満を持してお届けする秘密の有料メルマガ。



 -----------------------------------------------------
     男子禁制! 違いの分かる女子だけに贈る
 -----------------------------------------------------
                【 オ ト コ の 話 】
 -----------------------------------------------------



7月1日、午後 9時30分 創刊!
購読料 1,050円 です。



7月に限り、【創刊記念】として新規購読者 3名のかたに抽選で
『 Amazon ギフト券 1,000円 』を進呈。
詳細は、創刊号をお読みくださいね。



配信は、毎月3回1日・15日・30日を予定。



オトコをテーマにした読書会や、オトコについて語り合うオフ会も随時、開催予定です。



果たして、購読者は集まるのか……!?
たとえ、ゼロでも私自身は楽しみながら書いていくつもりです(すでに今、ワクワク状態♪)。
ご購読、ぜひ、よろしくお願いたします!



サンプルはこちら





にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ ワンクリックお願いします!


↑このページのトップヘ