ライター・カミガキ 臨機応変日記

好きな言葉は「臨機応変」。 変幻自在、しなやかに強く、信じるままにわが道を行くライター・カミガキの日々の奮闘・思い・気づきを綴ります。

2012年06月

6月30日に配信しました~。

 -----------------------------------------------------
     男子禁制! 違いの分かる女子だけに贈る
 -----------------------------------------------------
          【 オ ト コ の 話 】
 -----------------------------------------------------

 今回のテーマは
 「続・たらすオトコ」の話。
 5月配信分の続きです。

 毎月1回配信 購読料 350円
 ★お申込はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ

 今回、ご紹介する本
 もっと日本の中小企業で読まれていい本です!

 主婦パートの戦力化。

 これは日本の多くの中小企業が
 トライ&エラーを繰り返している課題だと思います。

 人がいない。人がやめる。
 だから、採用する。
 でも、うまく続かない…
 そんなことの繰り返しという会社も少なくないはず。

 働く側の主婦も
 働く意欲は高いのに
 条件が合わず働くことを諦めざるを得ない。
 採用になっても、仕事や職場の人間関係になじめず
 結局、やめていく…。

 人が欲しい会社があり
 働きたい意欲のある人がいるのに
 両者がうまく噛み合わないという現実。

 あるいは
 意識が高く、仕事もできる主婦パートを採用できた!
 でも、それは偶然の賜物…
 と優秀な人材の採用が運に頼るしかないとすれば
 それも切ない話です。

 今日、ご紹介する
 「利益を生み出す主婦パートを育てるすごい方法」
 は、サブタイトルにあるとおり
 「パート社員が社長さんに伝授!」する内容。

 本書に書かれているのは
 「~すべき」と机上の空論を振りかざす類のものではなく

 実際に主婦パートを戦略化し
 効果をあげている会社で働く
 主婦パート2人による
 いわば「実録モノ」です。

 ですから、実際にあった事例やエピソードが
 数多く登場。
 非常にリアルで、経営者にとっては
 身につまされる部分もたくさんあるはず。

 著者の一人、鈴木ゆかりさん。
 実は当メールマガジンの読者でもあり
 先日、浜松で開催した「読者の集い」にも
 参加してくださったのですが

 よく通る、穏やかな美声は
 明らかにプロ研修講師の風格。

 それでいて
 気さくに他の参加者へも声をかけ
 話を振る配慮も忘れない。

 私と同世代とはいえ、
 「仕事ができる感」がびんびん伝わってくる女性なのですが

 聞けば「パート社員」。
 私は自分の耳を疑いました。

 そして、思いました。
 こういう人がパートで働いている会社って
 一体どんな会社!? と。

 俄然、興味を持って即買いしたのが
 本書でした。


 読後、思いました。
 「この本は、もっと日本の中小企業で読まれていい本だ!」
 と。

 私のお客さまも大半が中小企業ですが
 もぉほんと、各社にこの本を配りたいと思ったくらいです。

 「パート社員はあてにならない」
 「パート社員は忙しいときに休む」

 よく言われることですが
 それはパート社員だけに問題があるのでしょうか。

 本書には、次のような記述があります。

 ・パート社員が「こうすれば働けるのに」という問題を解決している企業に、
  優秀な人材が集まる。


 ・「会社のものさし」をパート社員がしっかりと理解していないと
  「自分のものさし」で行動してしまい、そこに問題が発生する。


 ・手を抜かずパート社員にきちんと教育していくことで、
  会社の利益を意識し、自ら考え行動できるパート社員にできる。


 つまりは、採用する企業側に
 本気でパート社員を育て、戦力化する意識が足りないと
 問題が起きると言えるのではないでしょうか。

 本書でも採用の重要性が述べられており
 そのポイントの一部を挙げると…

 ・パート社員にとって良好な職場環境を維持できる
  一番望ましい勤務体系は1日5時間、週4日勤務。


 ・採用は慎重に。採用の場は、経営者の思いを伝える場。

 ・採用にかける費用は年間予算を確保し、
  適切に採用し、指導することが大切。


 きめ細かく、パート社員の戦力化に取り組んできた
 会社だからこそ書けるリアルなノウハウが紹介されています。

 その結果、同社では
 「パート社員の活用に着手して、収益面では倍以上の効果」を
 出しているといいます。

 パート社員2人の手で書かれた本だけに
 本書には、たくさん“現場の声”が反映されているのも
 説得力があり、好感が持てました。


「一番重要なのは採用だと思います。
 おかげさまで、弊社の女性スタッフはみな気立てがよく、
 派閥もなく、居心地がいい組織風土になっています」

 とは、著者の一人、鈴木さんの言葉。

 パート社員の活用に悩んでいる経営者のかた
 パートとして働きたいかた
 にぜひ、ご一読をおススメしたい1冊です!

利益を生み出す主婦パートを育てるすごい方法―パート社員が社長さんに伝授!利益を生み出す主婦パートを育てるすごい方法―パート社員が社長さんに伝授!
価格:¥ 1,680(税込)
発売日:2006-12


 少し観点を変えれば、小中学校のPTAの役員活動にも
 このノウハウ、応用できる気がしました。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 私の周りの40歳前後の人たちって
 優秀な人が多いんです・・・

 私には5歳下の弟がいますが
 ちょうどその世代。

 今、40歳前後の知り合いって
 仕事ができる優秀な人が多いんです。

 今から10年前くらいに出会った人が多いんですが
 キラリと光る仕事っぷりで
 年下なのに“アニキ”のように頼もしい。

 これは世代的なものと思っていたのですが
 よく考えると……

 40歳というのは
 節目になる年齢で

 20代、30代で積み重ねてきたことが
 実を結ぶ時期でもあるのかなぁ
 と思い至りました。

 だから、世代ではなく
 年齢が人を輝かせているのかもしれません。

 でも、上を見ますと
 私の周りは50歳前後の女性達が
 とっても元気。
 お手本にしたいかたがたくさんいます。

 46歳って
 中途半端な年齢ですが

 下を見ても、上を見ても
 キラッキラしてる人が多くて
 良い刺激をもらっております。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 40代から50代って、人の「熟成期」なんでしょうね。




 ますます火曜の夜10時から
 目が離せません・・・

 テレビのドラマを続けて見なくなって
 久しいのですが……。

 今やすっかりハマッてしまっているのが
 NHKで毎週火曜日に放送の
 ドラマ「はつ恋」

 例によって、昨日もがっつり見てしまったわけですが
 予想外の展開に
 うなるしかなかった私。

 昔、好きだった人と
 病気を機にまさかの再会。
 しかし、すでに家庭があり
 遅すぎる再会にヒロインの心は千々に乱れ…

 と、ありがちなメロドラマな展開かと思いきや
 昨日の放送は、大どんでん返しの予感。

 くくぅ~。残り3回の放送も
 ますます目が離せない~っっ。

 NHKドラマ10「はつ恋」
 

 でも、昨日の最大の発見は
 主演の伊原剛志はカメラの角度によっては
 照英にうりふたつだということ…でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 ドラマの公式サイトにある「掲示板」も大盛り上がり。
 伊原剛志本人も書き込みしているのだ~っっ!



         

 私はネコよりイヌ派なんですが・・・

 週明けに事務所のポストをあけると
 こんなチラシが・・・

 「迷いネコ 預かってます」

 日付とカラーのネコの写真
 その下に特徴が書かれています。

 推定3歳のオスネコ。
 6月20日ごろ、私の事務所の近所で保護されたらしく

 「体には、他のネコに噛まれた傷跡があり、
  後足をけがして引きずって歩いています。
 
  飼いネコの可能性が高そうなので、
  飼い主さんの元に返してあげたいと思います」

 というメッセージと、拾い主の連絡先が記されてありました。

 おそらくパソコンで手作りしたであろう
 A4判のチラシ。

 飼い主の住所は隣町になっているので
 3町以上の結構広い範囲にポスティングしたのでしょう。

 迷いネコやイヌを「探しています」というチラシは
 これまで見たことがありましたが
 「預かってます」というチラシは初めて。

 なんだか、拾い主のやさしさに触れ
 心がジンとしてしまいました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
                 
 早く飼い主のもとに帰れるといいなぁ~。




 最近、夫婦揃って始めたことがあります。

 それは・・・

 ラジオ体操。

 といっても、ラジオではなく
 テレビの方です。

 「大人のラジオ体操」 
 という本が注目されているようですが

 それを知ってか知らずか
 朝型の夫が、
 朝6時25分にテレビをつけ
 ラジオ体操を始めてから
 私も同調。

 2人がテレビに向かって
 無言で体操に集中しています。

 でも、本気でラジオ体操すると
 結構な運動になることは確か。

 ラジオ体操の前に
 「みんなの体操」というコーナーがあるのですが
 ウォーミングアップのその体操をするだけで
 じわっと汗ばんできます。

 私はこの時間にはすでに
 朝ごはん作りの真っただ中ですが
 その手を休めて体操に集中しています。

 放送時間はいろいろあるぞ!
            


ブログランキング・にほんブログ村へ

●道の駅よつくら港「交流館」
福島県いわき市四倉町にある道の駅よつくら港「交流館」が8月11日オープンに向け、現在、道の駅駐車場に大型テントを設置して仮営業中! 

キモチの防災マニュアル
防災は「モシモ」のためではなく「イツモ」のなかにある。A4のシートでダウンロードできるキモチの防災マニュアル。

●日本応援プロジェクト2012~「利他主義」Tシャツの取り組みはこちら

「大堀相馬焼」
浪江町町民の共有の財産である、「大堀相馬焼」の320年の伝統の灯を絶やさないとの決意で共同窯開窯を計画。7月の開窯記念作品・第1号として、「なみえ焼そば用」の専用記念皿をプレゼント!

「福島ひまわり里親プロジェクト」
2011年5月 福島と全国の絆づくり、風化対策、雇用対策、観光対策、農地再生・・・さまざまな思いを込めてスタートしたプロジェクト。
 
●再び人が集まる塩釜へ!マリンゲート塩釜にオープンしたレストラン「パイレートシップ」

「放射能対策基本情報ポータルサイト」
放射能に関する正確な情報を広く発信するため、広島大学が開設したポータルサイト

避難住民の雇用創出支援プロジェクト「元気になろう福島」本田紀生さんの声 

東北観光博の魅力が一目でわかるガイドブックが登場
東北6県のおすすめイベントや見どころが満載! 東北出身の著名人へのインタビュー記事や東北各県の知事からのメッセージも必見。

「むさしの福島ともだちプロジェクト」
原発事故による避難した子どもと保護者の再会・交流を支援する取組み

~石巻市の結日丸~
震災後、瓦礫から見つけた漁師達の魂! 大漁旗を再生!!

「セキュリテ 被災地応援ファンド」
少しの金額でも、被災企業を応援できるファンド。長期資金を提供する方法で被災企業を支援する仕組み 

「東北ろっけんパーク」
仙台市が進める「仙台経済ステップアッププラン 2012」の一環として、被災した東北各地の産業や観光の復興をさまざまな面からバックアップする施設 

「みちのくの仕事マッチングフェア」
地域のこれからを共に拓く『右腕』募集。

↑このページのトップヘ