ライター・カミガキ 臨機応変日記

好きな言葉は「臨機応変」。 変幻自在、しなやかに強く、信じるままにわが道を行くライター・カミガキの日々の奮闘・思い・気づきを綴ります。

2013年12月

 手紙が本になるなんて・・・

 今回、紹介する本
 読んでいるうちに
 じわじわ来ます。

 薪ストーブが発する
 遠赤外線のように。

 東京の建築家・中村好文さんへ
 北海道のパン職人・ 神(じん)幸紀さんが
 パン小屋の設計を依頼したことから始まる往復書簡。

 それが、図や写真を織り交ぜながら
 1冊の本になったのが
 「パン屋の手紙  往復書簡でたどる設計依頼から建物完成まで」
 です。

 写真で見る神さんのパン屋さんは
 「これは本当に日本にあるお店?」
 と思わずにはいられない
 牧歌的なたたずまいをしています。

 それは建築前も建築後も変わらず
 むしろ建築後、ますます童話の世界にあるような
 パン屋の雰囲気を醸し出しているのです。

 まさに、現代版ハイジの山小屋!

 パンと建築、
 対象は異なるものの
 “つくり手”である2人の男性の
 手紙のやり取りは

 なんだか、できすぎでは?
 と思われるほど、物語になっています。

 親子ほど年が離れていても
 互いにリスペクトしあう
 2人が時に穏やかに和やかに

 時に、厳しいことや
 苦しい胸の内を明かしながら
 やり取りが続き、そして
 パン小屋の完成を迎えます。

 この手紙のやり取りが本になり得たのは
 施主である神さんの筆力にあるような
 気がします。

 「書き手」としては素人なはずの
 30代のパン職人の文章には
 教養と彼自身の生きる姿勢が
 伺えるのです。

 神さんが薪をくべた窯で焼く
 パンもきっとこの文章のような
 じんわりと温かみがあり
 滋味のあるパンだと想像できます。


 この本を教えてくれたのは
 例によって、うちの夫です。

 実は彼、(自称:歌って踊れる)アーキテクトで
 棟梁の息子ゆえ、建築には一家言ある男。

 中村好文さんは好きな建築家の一人
 なんだそうです。

 「これ。えかったけん、読んでみんさい」
 と手渡されたのが、この本でした。

 カバー写真もタイトルも魅力的で
 ページをめくるうちに
 一気に引き込まれました。

 建築に興味がある方はもちろん
 私のようにさほど関心はなくても
 興味深く読める1冊。

 建築もパンも
 それ以外でも
 「ものづくり」ってこんなふうに
 丁寧に、じっくりと取り組んでいきたいものだなぁ
 としみじみ感じました。

 この本の2人のように
 “物語を残す”ものづくりができたら素敵です。



  本書に「普請(ふしん)」という言葉が出てきます。
  「あまねく人々に請い、共に力を合わせて労役に従事し、事をなす」
  という禅宗の用語に由来する言葉とか。いい言葉だなと思います。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



 薪割結社 ランバージャックス

 今日は
 「今年の漢字」が
 発表されますね・・・

 2011年は「絆」
 2012年は「金」
 2013年の漢字は何でしょうね。

 巷では、流行語になった「倍返し」と安倍首相の姓から
 「倍」なんて声もあがっているみたいですが……。

 私自身の2013年の漢字は

 「楽」

 かなぁ。

 「らく」になったというより
 「たのしみ」が増えた1年でした。

 薪割り結社「ランバージャックス加古川」に入社したことで
 30年ぶりに薪割をしてみたり

 【しごび】読者から生まれた謎のお笑い集団
 大阪ガールズと尾道へ旅行したり

 仕事も久々に
 面白い企画が舞い込んで来たり
 (その分、とっても大変ですが)

 きものを、また着始めたり……。

 50を目前にして
 公私共に「楽しむ」要素、きっかけが増えた
 1年でした。

 あなたの1年は
 どんな1年でしたか?

 2013年「今年の漢字」
 今日、京都・清水寺でお昼ごろに発表されます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 さっきからパソコンで「漢字」と打とうとするたび
 なぜか「幹事」に変換されるんですけど……


 薪割結社 ランバージャックス加古川についてはこちら


 おといの日曜に
 中2次女の友達が遊びに来ました。

 2人でお菓子を作ったりして
 女子らしいインドアな1日を過ごした後
 帰り際に、娘が私に聞きました。

 「放課後のキイノート、Mちゃんに貸してあげていい?」

 私がしつこく娘たちに勧めていた
 山田詠美の「放課後の音符(キイノート) 」
 友達にも勧めたいと言うではありませんか!
 
 詠美フリークの私は
 「そういうことなら、ほかにもあるから」と
 ティーンネイジャー向けの詠美本を数冊ピック。

 「ぼくは勉強ができない」
 半ば無理矢理に「風味絶佳」
 押しつけ……いえいえ、にこやかに差し出し

 「これも持って帰って読みんさい」と
 手渡したのでした。

 まだ意味の分からないところもあるかもしれないけれど
 詠美の本は読んどけ~。
 きっと、大人になってから役に立つときが来るから。

 おしつけ図書館おばちゃんと化し
 これからも娘の友達に
 良書(?)を貸し出していこうと思います。

 おばちゃんは手づくりのお菓子やらランチは
 よう出さんけど、本ならいくらでも貸すよ~♪







にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



             

 寝る前に
 布団にくるまってこの本を読んでいたら…

 あまりに面白く、ゲラゲラ。

 こらえきれず笑いながら読んでいると
 横で寝ていた夫から
 「気になって眠れんけん、ほかの部屋で読んでくれる?」
 と怒られました。

 そんなこと、お構いなしに
 深夜、ひとりで笑い転げながら読んだ本を
 ご紹介します。

 西原 理恵子さんの
 「いいとこ取り!  熟年交際のススメ」

 もぉ~、すごいです。
 巻頭の「サイバラ流 熟年交際十箇条」からして
 ここに引用できないNGワードが
 第一条に堂々と書いてあるのですから

 でも、これ
 新潮社から出版されているんですよね
 (大丈夫なのか、新潮?)。

 西原さん、私と同世代の47歳。
 現在、交際中の「彼」は67歳。

 年の差 20歳の堂々たる「熟年交際」の真っただ中。
 しかも、その「彼」とは
 女性週刊誌の広告でおなじみの
 美容整形の高須クリニック院長、高須克弥氏!

 彼らの交際宣言をネットか何かで知ったとき
 「まさか! 冗談かデマに違いない」
 と思っていたのですが、どうやら本当で本気みたいです。

 共に結婚相手と死別しており、独身の身。
 いまどき、20歳の年の差なんて、珍しくもなんともないのですが
 天下のサイバラ姐さんと高須先生の交際ですから
 独特かつ、キテレツ。

 寝る前にちょこっと読むつもりが
 大笑いしながら、一気に完読してしまいました。

 でも、笑いながら
 サイバラさんの「金言」の数々にメモ
 とりまくり。

 一番笑ったのが、
 サイバラさんの恋愛遍歴を語った
 第2章の「0点の私もは0点の男がくる ~過去の恋愛で赤ペン先生」
 の章。

 「好きなタイプは反体制的な男」
 「広末涼子も典型的な高知女」

 で笑い転げ

 「夜のスピードラーニング」

 で深く納得。

 詳細にここで書いてもつまんなくなるだけなので
 省きますが、「恋愛道」を考えるうえで
 非常に示唆に富んでいます。

 ほかの章にも、

 「仕事をする上でぶちあたってきた人間関係とかあるでしょ。
  それは確実に財産になっているはずだし、
  恋愛でも多少は生かせると思う

  ※「多少」ではなく大いに生かせます!(神垣 注)

 「相手の立場や都合を考えず、自分の感情だけで突っ走ってしまうのを
  若い時にやっておかないと。
  これを大人になってやるくらい痛い事はないですからね


 「熟年なんだから、のぼせあがるのは更年期だけで充分。
  いろいろな経験を重ねてきたからこそ、賢く立ち回
らないと


 「男の人がもたらしてくれる幸せは、外食みたいなもの。
  たまに食べて、すごく美味しいし、楽しい。
  でも、日々家で食べる食事は自分で作るのが当たり前


 といったサイバラ流の金言の数々が……。

 恋愛をこじらせて「なんだかなぁ」と
 日々感じている女性には、間違いなく
 元気と勇気を与えられる一冊!

 でも、私と同世代の(経験豊富な?)女性が一番
 面白く読める内容だと思います。

 男性は
 読んで怒り出すか
 読んで女性が怖くなるかの
 どちらかかも。

 最後に、サイバラさんと高須先生の特別対談が
 収録されているのですが
 そこに掲載された2人の「Before」「After」の写真が
 ひどい! いや、すごい!

 同一人物とは思えぬ変貌ぶりに
 「恋は人を変える」
 と思い知らされます。



  いや~、面白かった!
  ほとんど寝ずに読んだけど、元気出たわ~。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 さすが、大阪の男! 話が面白い!!

 昨日、あの百田尚樹さんの講演会へ行ってきました。

 今を時めくベストセラー作家だけあり
 1200席余りの会場は満席。

 登壇した百田さんは
 実はカープファン(本当は江夏豊ファン)であること
 放送作家として関わっていたテレビ番組「探偵ナイトスクープ」の裏話など
 早速、笑いを取り聴衆を引きつけます。

 この方、滑舌はあまりよくないのですが
 話が面白いので引き込まれるんですね。

 講演の題目は「生きるということ」

 近々、映画が公開される「永遠の0」の話から
 注目を浴びた作品「海賊とよばれた男」へ。

 本作の主人公・国岡鐵造のモデル、
 出光佐三(出光興産創業者)の生涯に触れつつ
 百田さんが語ったのは

 第二次世界大戦により
 ほとんど壊滅状態だった日本を再生させたのは
 がむしゃらに、驚異的に働いた人たち

 特に、その中心をなした
 大正世代の男たちである、と。

 15年という短い期間に
 第一世界大戦や関東大震災を経験し
 昭和に入ってからも再び戦争に駆り出された
 大正生まれの人々を

 これほど不幸で、これほど偉大な世代はない
 けれど、
 先の見えない波乱の時代を生きた大正世代の人たちは
 「後に何を残すか」を考え、行動した人たちである
 と百田さんは語っていました。

 「人のために生きた世代」である、と。

 そして、彼らは遠い歴史上の人物としてではなく
 家族の中に、自分の父母や祖父母としている、とも。

 そうなんですよね。

 私にも90を過ぎた大正生まれの祖父が健在ですが
 祖父もまた、日本の壊滅と再生を体験した生き証人の一人。

 ならば、大正生まれの家族に
 彼らがどう生き、今があるかを少しでも聞き伝えていくことが
 私たち、後の世代ができることなのかもしれません。


 百田さんは
 「永遠の0」では、父の世代と息子の世代を結び付けたかった

 そして、「海賊とよばれた男」は、作家としてスランプに陥っていたとき
 「日章丸事件」と出光佐三という人物の存在を知り
 「書いて伝えなくては!」と、筆を執ったのだそうです。

 そこにあるのは
 自分の親や祖父母が味わった時代のことを
 「伝えたい」「伝えなくては」という思いの強さです。

 なんだか、はっとし、考えさせられた
 講演でした。

 今さらとは思いますが、
 まだ読んでないというかたは、
 百田作品をぜひ!





 と言いつつ、私もまだ読んでないんですが…
 うちの夫も娘も絶賛しております。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 昨日、久しぶりに
 ランチを共にした友人から
 「実は、転勤することになって……」
 と、まさかの告白。

 もともとメルマガの読者で
 メルマガつながりと言うだけで
 勉強会の講師に私を呼んでくれたり、
 読者の集いや読書会に参加してくれたり……
 なんやかやと5~6年の付き合いになる彼女。

 本人は謙遜しますが、バリバリの国際派キャリアの持ち主で
 来年はぜひ、「仕事美人トークカフェ」のゲストに
 迎えるつもりでいたのですが
 来月にはもう、転勤先に赴任するとのこと。

 え~ん、悲しい!

 でも、
 「転勤する前に神垣さんに会っておきたいなと思って」
 と彼女のお気に入りのお店のランチに誘ってくれたのでした。

 わ~ん、うれしい!

 名残惜しくて
 気がつけば3時間近く話し込んでいたのですが

 別れ際、いつものように
 「じゃ、また」
 と言って、さわやかな笑顔で去っていった彼女。

 む~、去り際も「らしく」て美しい!

 しばらく会えないと思うと寂しいですが
 海外の転勤先でもこのメルマガを読むから、と言ってくれたので
 頑張って書いていこうと思います。

 メルマガを通じて出会った彼女に
 たくさんの幸あれ! と願う師走の始まりです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 毎夜、夫と2人で
 ヨガってます・・・

 先日、娘の高校で
 PTA向けにヨガ講座がありました。

 私はヨガにはまったく興味がないので
 役員をしている関係もあって
 夫が参加。

 「や~い、や~い
  女性の中に男が一人ぽつんと参加なんじゃないのぉ。
  うしし」

 と後でおちょくってやろうと
 ひそかに夫が帰ってくるのを楽しみにしていました。

 すると、どうでしょう!

 スキップせんばかりの勢いで帰宅した夫は
 「ヨガ、ええわ~」
 と、すっかり気に入った様子。

 なんでも、
 やり始めたら、体がみるみる温まってきて
 非常にすっきりしたそう。

 これは聞きづてならない!

 基本的に冷え症で、血の巡りが悪い私は
 プリントを見ながら、夫にレクチャーを受け
 見よう見まねでヨガにチャレンジしてみたのですが……

 確かにいい!

 呼吸を意識するせいか、
 万年冷え性の私まで、体の先端が温まってくるではありませんか!

 これは、朝のラジオ体操と合わせて
 続けなくては!

 というわけで、
 毎夜、夫と共に
 自宅でヨガを始めました。

 体が固い夫は「ひっ~」「とか「うう~っ」と
 うなりながらやってます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ