ライター・カミガキ 臨機応変日記

好きな言葉は「臨機応変」。 変幻自在、しなやかに強く、信じるままにわが道を行くライター・カミガキの日々の奮闘・思い・気づきを綴ります。

2015年08月

 得意なことばかりしていちゃ
 いけないんですね・・・


 今回、紹介するのは
 「思いつきで行動してしまう脳と考えすぎて行動できない脳」
 という長いタイトルの本。

 脳のタイプは
 このタイトルにある
 ・思いつきで行動してしまう脳
 ・考えすぎて行動できない脳
 の2つに分かれるのだそうです。

 前者が「同時系」
 後者が「継次系」
 です。

 本書ではまず、
 自分がどちらの脳タイプかを診断できる
 ようになっています。

 「同時系」でも「継次系」でも
 それぞれに長所と短所があります。

 実際に仕事や生活をしていると
 長所ばかりが評価されるわけではなく
 長所が失敗につながることも。
 
 逆に
 短所と思って気にしていたことが
 実は評価を上げるきっかけになることも
 あるわけです。

 大切なのは
 まず、自分の脳タイプを知った上で
 対策を考えること。

 本書には、
 自分の脳タイプと反対の
 捉え方や行動をするとよいとあり
 腑に落ちました。


 わたしの場合は
 診断するまでもなく
 「同時系」と直感しましたが、
 診断結果もやはり、そうでした。

 自分が仕事をするとき
 「ヤル気」スイッチがなかなか入らない理由が
 「同時系」タイプの脳の働きに起因し

 スイッチをオンにするには
 「継次系」的な対応をすればよい
 ということが分かり、納得。

 今まさに実行している対応策が
 「継次系」的なやり方。
 だから、はかどるんですね。


 人を見る、
 相手のパフォーマンスを上げる
 場合にも、
 「同時系」が「継次系」かで
 見分ければ、効果を引き出しやすくなります。

 わたしの家族を見ても
 夫は典型的な「継次系」。

 長女はわたしと同じ「同時系」で
 次女は「継次系」と
 キレイに分かれます。

 ですから
 娘二人に対するものの言い方も
 変えた方がいいわけです。

 夫に対しては
 「継次系」ゆえ
 イラッとすることもありますが

 自分とは逆の性質を持っているのだから
 それを取り入れるようにすれば
 うまくいくわけです。

 チームで仕事をする場合にも
 「同時系」「継次系」
 メンバーそれぞれの割合を見て、対処れば
 まとまりやすいことを本書から学びました。


 読後の感想としては
 もっと深掘りしてほしいなという
 部分もなきにしもあらずでしたが

 「飽きっぽさを力に変える」には、どうするか
 「ヤル気のムラをどうコントロールするか」という
 目下の悩みの解決策を知ることができ

 自分を分析するうえで
 大いに参考になりました。

 ぜひ、あなたも
 自分の脳タイプをチェックしてみてください。




  気になるあの人が「継次系」と気づき
   なんだか気持ちが楽になりました。

 8月2度目の配信です!
 今回のテーマは「脈のないオトコ」。
 
 -----------------------------------------------------
     男子禁制! 違いの分かる女子だけに贈る
 -----------------------------------------------------
        【 オ ト コ の 話 】 Vol.067
 -----------------------------------------------------

 さっぱり脈のないオトコに
 アプローチし続け、玉砕した
 涙の記録がここに!


 毎月1回配信 購読料 351円

 ▼お申し込みはこちら
 

 最近、
 わが家でブームになっているのが
 次のコミック2作。

 「ピースオブケイク」と
 「深夜食堂」。

 ご存じの方には
 今さら感たっぷりの
 コミックですが
 うちでは今ごろハマっています。

 「ピースオブケイク」は
 映画の予告で知り、コミックが原作とは知らなかったのですが

 夫がコンビニで、1・2巻合併の
 映画化スペシャル版を買って帰り
 何気なく読み始めたら……

 母娘であっさり中毒。

 結局、3~5巻は
 続きを早く読みたいがために
 Amazonでわたしが購入。

 なんだかよくありがちな
 20代のさ迷える恋愛を描いているのですが
 娘たちと奪い合いながら
 むさぼり読む始末。


 「深夜食堂」も
 やはり原作を知らず
 映画を先に観たのですが

 コミックをレンタルしてきた高三長女に
 勧められ、読むうちに
 やはり中毒化。

 まだ8巻あたりですが
 切なくて、ほろ苦くて
 好きだわ~このシリーズ。

 最近読んだ話では
 第109夜の「オイルサーディン」が
 良かったです(AV監督の老いらくの恋の話)。

 独特のタッチで
 東日本大震災に寄せる作者の思いも
 描かれていて(第113夜 油揚げ)
 好感を持ちました。

 コミックって気分転換に最適。
 よかったら、ぜひ!





 両作品の映画には
 多部未華子ちゃんが出演。
 ファンなんです、彼女の♪

 広島の小島明子さんが
 一人で立ち上げた
 児童書専門の出版社
 きじとら出版から新たに2冊の絵本が出版されます。
 
 「こねこのジェーン ダンスだいすき!」と
 「木の葉つかいはどこいった?

 2冊とも
 第21回「いたばし国際絵本翻訳大賞」で
 最優秀翻訳大賞を受賞した作品です
 http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_oshirase/063/063706.html

 「こねこのジェーン ダンスだいすき!」は
 わたしに孫がいたら、すぐさま
 読んでやりたくなるような
 かわいらしい絵本。

 バレエが大好きなこねこのジェーンが
 バレリーナになるために頑張りつつも
 お友達のケロ君との関わりにふと気づいて……
 というお話。

 原作(文と絵)は、
 ウクライナ出身で米国で活躍する
 ベテラン作家、バレリー・ゴルバチョフ。
 絵本の王道を行く1冊です。


 もう1冊の
 「木の葉つかいはどこいった?」は
 ぜひ、大人にも楽しんでほしいファンタジックな1冊。

 主人公は
 秋になると現れる不思議な人(?)
 木の葉つかい。

 木の葉たちは彼の指導のもと
 落ち葉になって世界を秋色に染めるのに
 待てど暮らせど、木の葉つかいが現れない。
 さて、どうする? というお話

 作者はイタリア人、画家はスペイン人
 訳者は日本人とい3人の女性たち
 しかも全員新人という、フレッシュな感性がはじける作品です。


 絵本は
 小さな子どもに読んで聞かせていると
 読む側も、なんだか心優しくなれるものですよね。

 でも、子どものためにだけでなく
 大人が自分のために
 時間をとってゆっくりページをめくって
 楽しむものであってもいいと思います
 (「木の葉つかいはどこいった?」は特にそんな感じにぴったりの作品)。


 小さなお子さんへのプレゼンや
 自分のために
 ぜひ、お手元に置いていただきたい
 新作です。

 お近くの書店から取り寄せもできますので
 ぜひ!





 先日、
 建築士さんや工務店さんらの勉強会で
 畳を改めて見直し、これからの住宅作りに活かそう
 というセミナーが開催され

 ほとんど畑違いとは思いつつ
 興味の赴くまま参加してきました。

 畳職人さんによる
 見本を示しながらの畳の種類の解説の後

 イグサ・畳表の研究者である大学の先生の
 お話を聞いたのですが

 今さらながら
 畳は日本の風土にマッチした
 暮らしの設備だということが
 よく分かりました。

 香りや色、感触によるリラックス効果だけでなく
 抗菌効果もあり

 さらに、イグサのスポンジのような構造は
 吸音や有害物質の吸着効果まである。

 畳の部屋で勉強すると
 集中力が持続するという
 実験結果が出ていました。

 現在、日本のイグサの一大産地は
 熊本だそうですが
 全国各地に小さなイグサ農家は残っており
 質の良いイグサを育成されているとのこと。

 中国製に押され
 国産の畳も減少し、価格も上がる傾向にあるようですが
 質の良い畳を手入れして使えば
 結果的に経済的であり、機能的であることを
 学びました。

 参加者の中に
 築60年の家にお住まいの方がいらっしゃいましたが

 毎年、畳干しをして
 建築時の畳を使い続けているとのこと。

 一般的な畳の寿命は10年程度らしいのですが、
 昔の手製の畳は作りがしっかりしていて
 手入れをして使えば、60年使い続けることができる
 という好例で、驚きました。

 「手入れをして長く使う」
 という文化が日本には古来からあったはずなのに
 わたし自身も「使い捨て」に慣れきってしまっていて
 大いに考えさせられるセミナーでした。

 クールジャパンなんて言いますが
 畳こそ日本文化の礎なんじゃないでしょうか。


 ロンドンの
 【しごび】読者の方に
 お知らせです!

 9月13日(日)~15日(火)の3日間
 ロンドンで開催される
 デザイン雑貨の展示会「TopDrawer」
 
 日本伝統の「帆前掛け」を世界へ発信する
 Anything(エニシング)が出展します
 
 Anything 代表の西村和弘さんは
 広島出身の友人でして
 彼の本の編集なども神垣がお手伝いさせてもらっています。

 「お金をかけずに田舎ではじめるネット通販」


 日本の前掛けの歴史を紐解き
 産地を訪れ
 人、もの、地域を繋ぐ活動を続けている
 西村さん。

 日本で身近に使われてきた
 「前掛け」の伝統を引き継ぎ
 現代の生活にマッチするようにアレンジし
 世に送り出しています。

 そんなユニークな前掛けたちを引っ提げて
 9月にロンドン・デビュー!

 ロンドン在住の【しごび】読者の皆さん、
 この時期にロンドンを訪れる予定のある方
 ぜひ、「TopDrawer」へ!

 ▼Anything の出展情報はこちら
 
 海外でもじわじわ人気が出始めている
 日本の前掛けを見て、触れて、知るチャンスですよ!

 前掛けを世界に広める男・西村さんの日記はこちら
            

 先日の同窓会で
 医師になっている男子と会い
 彼のコミュニケーション能力の高さには感心しました。

 診察でものすごい数の人に接してきただけは
 あるな、と。

 大事です、コミュニケーション能力!


 第179号 ビジネスコミュニケーションラボ設立
 --------------------------------------------------
  【 営業マン河村操はコミュニケーションする 】
 --------------------------------------------------

 「営業活動に一番大切なもの」って何だろう・・・
 その答えが、このメルマガを読めば分かります。

 ★お申し込みはこちらから


 ▼河村さんのメルマガバックナンバーはこちら
 

↑このページのトップヘ