ライター・カミガキ 臨機応変日記

好きな言葉は「臨機応変」。 変幻自在、しなやかに強く、信じるままにわが道を行くライター・カミガキの日々の奮闘・思い・気づきを綴ります。

2015年11月

 うちの夫が
 「マイペースで働く! 女子のひとり起業」
 というタイトルの本を買って帰りました。

 なぜ?

 わたしに起業しろと言うこと?

 はたまた、
 わが家で最も女子力の高い夫
 本人が女子として起業?

 謎は深まるばかりですが
 何も聞かず
 興味があったので読んでみました。

 著者は、「ひとり起業塾」を主宰する
 滝岡幸子さん
 
 プロフィールを見て
 「あれ?」
 と思いました。

続きを読む

 メルマガ【仕事美人のメール作法】のバックナンバーが
 「まぐまぐニュース」で紹介されました!

 文字を入力するとき混同しやすい
 よく似た言葉を取り上げています。

 ▼「共用」「供用」どっちだっけ? 間違いやすい7つの同音異義語
 

 仏像、好きですか?

 わたしは好きです。

 子どもの頃、通っていた保育園が
 お寺に併設されていて
 毎日、仏さんに手を合わせるのが
 日課でした。

 そんな幼児体験が
 今も後を引いているのか
 仏像を見るのも拝むのも
 未だに好きです。

 でも、
 その姿かたちが意味するものって
 よくは知らなかったりして……


続きを読む

 今、立原正秋の「残りの雪」という
 長編小説を仕事の合間を縫って
 読んでいます。

 中年男女の
 道ならぬ恋を描いた作品で
 日本経済新聞に昭和48年に連載されていた
 新聞小説。古い作品です。

 文庫の長編を読むのは
 学生時代以来かも。

 525ページもある
 分厚い文庫。

 久しぶりに文庫のページをめくると
 1ページに800字余りがぎっしり並ぶ
 文字の密度に、まず圧倒されます。

続きを読む

 特別、服にこだわりがあるわけでも
 ブランドに詳しいわけでもないのに
 基本的に買うのが好き(特に通販で!)。

 ネットオークションも一時期ハマり
 (もっぱら買う方)
 成功も失敗も一通り経験しました。

 未だに、たんすの中には
 「やせたら着る服」が幾つも秘蔵され

 毎年、衣替えでは
 「今年も着なかった服」があるのに
 来年は着るかもと、捨てられない。

 そんな状態でありながら
 いざ、出かけようとすると
 「着ていくものがない!」
 という事態に陥っていました。

 ダメじゃん、わたし……。

続きを読む

 中小企業経営者のためのビジネス情報誌
 月刊「ビジネスサミット」2015年11月号

 日本各地のユニークな企業を紹介する
 【元気のヒントここにあり!】のコーナーで

 東広島市安芸津町にある
 株式会社コーポレーションパールスター様の
 取材記事を神垣が担当しました。
続きを読む

↑このページのトップヘ