ライター・カミガキ 臨機応変日記

好きな言葉は「臨機応変」。 変幻自在、しなやかに強く、信じるままにわが道を行くライター・カミガキの日々の奮闘・思い・気づきを綴ります。

カテゴリ: 「仕事で差がつく できるメール術」

 いよいよ来週、5月24日(木)から始まります! 


 メールでのコミュニケーション力(りょく)を
 つけるための入門講座です。

 全3回。19:00~20:30(90分)
 新入社員・学生のかたにお勧めの内容です。

 --------------------------------------------------
 【 仕事で差がつく! ビジネスメールの書き方講座 】
 --------------------------------------------------
      <入門編> 
 --------------------------------------------------

当講座のほか、基本編、ステップアップ編も開催





にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村

 それは
 見たことも聞いたこともない言葉でした・・・。

 3月に広島でビジネスメール講座を開講した際
 受講生から、こんな質問がありました。

 「敬称の一種だと思うのですが
  『御侍史』『御机下』
  使ったほうがよいのですか?」

 「御侍史」と書いて「おんじし」
 「御机下」と書いて「おんきか」「ごきか」
 と読むらしいのですが

 質問を受けるまで、
 見たことも聞いたこともない言葉だったので
 戸惑いました。

 どうやら、医療関係者や医師同士がやりとりするときに使う
 手紙の宛先に添え書きする脇付(わきづけ)ということが
 分かりました。

 本人に手紙などを直接送ることを避け、
 その秘書や侍従(侍史)宛てに、
 あるいは、本人の机(机下)に送ることで
 謙譲の意を表現する行為から来たものだとか。

  例)山田先生御侍史

 直接、本人に送るのは「恐れおおい」という気持ちを体現するもので
 実際に行われてきた慣習が言葉として残ったもの。、
 一種の業界用語と言えそうです。

 敬称として「先生」を使うだけでは敬意が足りない
 ということで、使われてきたのでしょうね。

 紹介状のやりとりなどでは、今でも使われているようですが
 メールでは、一般的な敬称である「「先生」「様」を使えば
 十分でしょう。

 関連する記事を見つけたので、紹介します。
 ▼「御侍史/御待史」? 何それ、どう読むの?
 
 いやぁ、私自身が勉強になった質問でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ




afee9454.jpg

東京電力ウェブマガジン「GraphTEPCO」5月号の「今どきのメール表現術」という記事に拙著とインタビューが掲載されています。P8-9です。



(余談)
写真は取材を受けた広島市内某ホテル周辺で。取材当日は、カープ戦があり、対戦相手のタイガースの選手が出発するのを待つファンで玄関前に“花道” ができていました。





さらりと返せる、大人のメール表現334 さらりと返せる、大人のメール表現334
価格:¥ 1,300(税込)
発売日:2010-02-24





今日、2月26日にメールマガジン【仕事美人のメール作法】が配信1000号を迎えました。



2005年1月10日9時30分の創刊から丸4年! 自分でもこんなに続くとは思っていませんでした。これもひとえに、このメルマガを読んでくださっている読者のおかげです。ありがとうございます。



これからも日々の仕事に役立つメール作法と神垣の笑える日常をお届けしていきたいと思っています。



3月7日号の「週刊現代」に、北野武へのインタビュー記事があります。タイトルは「俺が考えるかっこいい大人」。



その中で、作法というのは効率的できれいなもの。ちゃんと理由があって、それをすることが実に効率的でいい、とたけしは語っています。



上下関係の一番洗練された形は作法だと思う。だから、若い人は作法を覚えると同時に、なぜそういう形になったかを勉強するとすごく面白いとアドバイスしたい。



とありました。



メールに置き換えたとき、効率よく、しかも相手を不快にしないきれいな日本語の文章が書けたらいいな、と今でも思います。



メール神垣流なんて立ち上げる気はまったくありませんが、仕事の場で、お互いが良い気持でやりとりできるそのための“作法”をこれからも読者と一緒に考え、発信していきたいです。



これからも【しごび】をどうぞよろしくお願いいたします。



ちょうど500号過ぎたあたりで、この本が出ました。





仕事で差がつくできるメール術 (青春新書インテリジェンスシリーズ) 仕事で差がつくできるメール術 (青春新書インテリジェンスシリーズ)
価格:¥ 767(税込)
発売日:2007-02

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ ワンクリックお願いします!


携帯電話からのメール、携帯電話へのメールで、どんなことを気をつけてますか?



メルマガ【仕事美人のメール作法】でも2005年に、「携帯電話のメール作法」について取りあげたことがあるのですが、当時からビジネスでの携帯メールの使い方も変わってきていると思います。そこで、最近の携帯メール事情を探るべく読者の皆さんにお尋ねしたいと思います。



 「こんなとんでもない携帯メールを受け取った」
 「なるほど! と思った携帯メールの活用法」
といった体験談や工夫もOKです。



▼投稿専用フォームはこちら⇒【 携帯電話のメール作法 】



ご投稿、お待ちしていま~す!



にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ ワンクリックお願いします!


いつのまにか、私のメルマガ【仕事美人のメール作法】が創刊4周年を迎えていました・・・



2005年の1月10日が創刊なので、4年が経過したことになります。
まだ、4年という気もするし、
もう、4年という気もします。



当時、30代だった私も、もうすぐ43歳。メールを取り巻く環境も変わりました。
創刊当初から読んでくださっているかた、最近、このメルマガを知ってくださったかた
今日もお読みいただき、ありがとうございます。



なにより、読者あっての【しごび】
おかげで、4年も続けてこれました。



私にとって今年は、「書く年」になりそうです。



仕事もより書くことに集中していけるように環境と体制を整えつつ、ひたすら書きます。書き続けます!



それが好きで、仕事にし、ずっと続けてきたことなのに、今年は改めて「書こう!」という気持ちになるなんて不思議だな~。でも、気分いい。



きっと、そういう時期なんでしょうね。



これからも【仕事美人のメール作法】をごひいきに!



こちらもよろしくお願いします!





仕事で差がつくできるメール術 (青春新書インテリジェンスシリーズ) 仕事で差がつくできるメール術 (青春新書インテリジェンスシリーズ)
価格:¥ 767(税込)
発売日:2007-02





にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ ワンクリックお願いします!


あなたの職場や客先で「こ、これは一体…」と絶句あるいは驚愕した
『その会社でしか通用しないメール作法』
に遭遇したことはありませんか?



「なんだか変」と疑問に思うメール作法
「これは素晴らしい!」と感心したメール作法
を、ぜひ、教えてください。



▼投稿専用フォームはこちら
社内でしか通用しないメール作法



投稿の中から興味深い事例を【しごび】誌上で紹介していきたいと思います。
ご投稿お待ちしていま~す!



にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ ワンクリックお願いします!


↑このページのトップヘ