20年、いや25年ぶりに
 描く楽しさを味わいました。

 50歳になってから始めたいことの一つに
 デッサンがあったのですが、
 いい教室が見つからず、どうしようかな
 と思っていたところに、出合ったのがクロッキー教室

 クロッキーは、速写とも言い、
 10分ほどで紙に鉛筆で描画すること。

 デッサンよりラフで、スピード勝負のところが
 自分に向いている気がして
 申し込みました。

 昨日が1回目の教室だったのですが
 最初に描いた絵は、モデルの人に申し訳ないほど
 ひどい出来。

 でも、先生にポイントを教わり、
 何枚か描いていくうちに
 コツがつかめ、自分でも面白くなってきました。

 2時間集中して描いた後、先生を囲み
 お茶を飲みながら話をしたのですが

 今は亡きモード画界のレジェンド
 長沢節氏のことでひと盛り上がり。

 「描くのって、どうしてこんなに楽しいんだろうね」という話になり
 それはきっと、今回集まったメンバーみんな
 描くのが好きだから
 という結論に。

 好きなことって、下手でも
 楽しいんですよね。

 できないことができるようになるからでしょうか。
 それとも、もっとうまくなりたい、と思うから?

 写経もそうですけど
 無心に書く、描くって
 精神的にものすごくリフレッシュします。

 久々に
 脳細胞がプチプチと音を立てて
 活性化する感覚を味わいました。

 25年前、仕事の師匠に
 「あんた、デッサンやれば、もっとコピー書くのうまくなるよ」
 と言われ、ずっとできずにいた宿題に
 やっといま、取り組んでいます。

 宿題の答え、見つけられるかなぁ。

肥後の守

 子どもの時以来、小刀で鉛筆を削りました。
 こういうことがいちいち楽しい。


今でも敬愛する長沢節さんの著書

11年前から配信中! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン
【 仕事美人のメール作法 】

オンラインでできるビジネスメールの研修
【 仕事美人のメール研修 】

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

仕事実績、著書、お問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室