広島の児童書専門の出版社
 きじとら出版の新刊は……

 「船を見にいく」

 第22回いたばし国際絵本翻訳大賞の
 イタリア語部門受賞作品です。

 絵がいいんです。

 表紙にどか~んと大きな船の絵。
 あれ? と思った人もいるはず。

 そう、「深夜特急」の表紙を思い出すデザイン。
 フランス人デザイナー、カッサンドルによる
 かの作品へのオマージュなのだそうです。

 でも、絵のタッチは
 洗練されたカッサンドルの絵とは異なり、
 鉄の質感が伝わってくる
 素朴であたたかみのあるタッチ。

 イタリアの港町で
 船を見にいくことが大好きな少年のお話に
 絵がよくマッチしています。

 大人が間近に見ても
 客船とかタンカーとかの船は
 大きなものですが

 子どもの目で見るそれは
 さらに大きく
 とてつもない存在感があることでしょう。

 そんな船を
 父親と一緒に、あるいは
 一人でこっそりと見にいく少年。

 ただ見にいくだけなんだけど
 船そのものだけでなく
 そこで働く人々や港の風景、
 そして……

 少年にしか見えない“あるもの”までもが
 船と一体化した一つの風景になっているから
 飽きないんでしょうね。

 この男の子、大人になっても
 やっぱり船を見にいくのだと思います。

 そして、わたしも
 かつて造船の街として栄えた
 故郷・呉に船を見にいきたくなりました。

 絵本なんだけど
 なぜだか大人に郷愁を感じさせる
 一冊です。




 ビターチョコレートみたいな味わいの絵本です。


11年前から配信中! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン
【 仕事美人のメール作法 】

オンラインでできるビジネスメールの研修
【 仕事美人のメール研修 】

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

9月に名古屋で「たおやか大和言葉講座」開講します!

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

仕事実績、著書、お問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室